雑文記【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

ペン、お気に入り、パンパン。

文房具コーナーに行けば。 必ずなにかしら気になるペンと出会う。 家に変えればたくさんペンがあるのに。 まだ使えるペンがいっぱいあるのに。 どうしても見てしまう。 見ていると、やっぱり欲しくなる。 お気に入りのペンと手に取って、使っている自分を想…

イヤホン、片っぽ、秘め事。

なにを聴いているの? イヤホンつけて、君はなにを聴いているの? 近くに寄っても聞こえない。 音漏れしていないから、なにも聞こえない。 君がなにを聴いて、なにを思うのか。 ぼくにはわからない。 知りたいと願う。 わかりたいと願う。 イヤホン片方貸し…

測る、図る、謀る。

私とあなたの距離。 近いのか遠いのかわからない。 近いと言う人もいれば。 遠いと言う人もいる。 ものさしは人それぞれ。 私のものさしだけで、はかるわけにはいかない。 こんなに世界は広いから。 私のものさしでは何もはかれない。 晴れたり、雨が降った…

不眠、夢見、企み。

眠れぬ夜は。 時間が経つのが早い。 もうこんな時間。 何度も時計に目をやる。 明日は早く起きなくちゃいけないのに。 そう思えば思うほど眠れなくなる。 今眠れば、何時間眠れる。 逆算ばかりで、残り時間は減るばかり。 部屋は真っ暗。 眠るギリギリまでな…

大人、塗り絵、褒めて。

あなたは褒めてくれた。 私の落書きを。 いつまでたっても上達しない、私の落書きを。 私のことなのに。 私のことじゃないように思える。 それでも嬉しいの。 髪を服を指をつま先を。 褒めてくれたら嬉しい。 私のことのようで、私のことじゃなくても。 思い…