手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

コーヒーと大人になることの因果関係。

f:id:touou:20190201151458j:plain

 

コーヒーが好き。

かといって本格志向なわけではない。

 

缶コーヒーが好き。

どこでも買えるから。

のどが乾いたら缶コーヒーを飲む。

水でもお茶でもなく、缶コーヒーを飲む。

 

ほどよく苦くてほんのり甘い、微糖、が好き。

本当は微糖が好き。

でも飲むのはブラックばかり。

 

理由はただひとつ。

ブラック飲んでるほうがカッコいいから。

 

正直、私には苦すぎる。

微糖のほうが美味い。

それでもブラックを飲んでしまう。

 

ブラック飲んでるほうが大人。

 

大人になるってそういうこと。

 

きっと誰もがむりやり大人にさせられる。

時がある程度経てばみんな大人にならないといけない。

ある年齢に達するとみんな大人にならないといけない。

 

誰が決めたわけではなく、そうなってる。

誰が悪いわけではなく、そうなってる。

 

いろんなことに気を遣って。

いろんなことに縛られて。

いろんなことを我慢して。

みんな大人にされちゃうんだ。

 

そうやってみんな生きている。

私も、君も。

 

だから私はブラックを飲む。

 

でも重要なのは、大人か大人じゃないか、ではない。

大人の反対は子供ではない。

大人かどうかは大人であると認めた大人が決めること。

 

なんだかよくわからなくなってきたけど、子供のままでいたいっていうわけではない。

大人になんてなりたくない、なんて言ったらいろいろ終わる。

 

大人になりたくないわけではない。

だから私はブラックを飲む

私のために、まわりのために。

そのほうがいろいろ上手く回っていく。

そんなことを考えるのも大人だから。

 

かといって飲みすぎには注意。

からだに悪いから。

からだに気を遣うのも大人だから。

 

からだを壊すといろんな人に迷惑をかける。

大人だってひとりでは生きていけないから。

誰かと一緒に回しているから少しでも円滑に回るよう、みんな考えている。

 

私も君も。

 

大人かどうかは問題ではない。

 

ブラックを美味しく感じられるかどうかが問題。

 

まわりに誰もいないとき、私はまだ微糖を選んでしまう。

 

大人にはなれなくてもいいけれど、ブラックを本当に美味いと思える私にはなってみたい。