手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

正義の味方はどこにいる?

f:id:touou:20190204211234j:plain

立場によって正義は変わる。

 

ドフラミンゴの言う通りだ。

正義なんて大きなことは私には言えないし、正義とは違うけれど、見方は確かに変わる。

 

ルフィは良い奴だし、麦わらの一味も良い奴ら。

でも彼らは、海賊、なんだ。

 

海賊は大多数の人からすれば、悪。

決して、正義、ではない。

 

でも麦わらの一味目線でストーリーは進む。

どうしたって麦わらの一味が正義となる。

実際、悪い奴らをやっつけているけど。

 

でも、ルフィにやっつけられたドフラミンゴ目線でストーリーを読むと、また見方が変わってくる。

 

小説だって映画だって歌だって詩だって。

目線をどこに合わせるか、どこから見るかで、正義と悪はひっくり返る。

 

まあ、ドフラミンゴはそのことを言ってるんだけど。

 

何が正しくて何が間違っているかなんて、人の数だけある。

 

そんなことを考えているうちに時間がなくなってしまった。

 

待ち合わせの時間が迫ってきた。

タクシーで行こう。

もう時間がないから、待ち合わせ場所までタクシーで行くことにした。

 

タクシーを捕まえ、行き先を告げる。

運転手さんの自己紹介はいらないから、早く行ってほしい。

時間がないのは私のせいだから、急いでください、なんて言えない。

 

それでもやっぱり急いでほしいから、ギリギリ行けそうな信号で止まったり、前方車が遅いのに車線変更しなかったり、そのたび無駄話をしてくる運転手さんだったり、小さなことでイライラしてしまう。

 

わかってるよ。

悪いのは私だって。

運転手さんは安全運転してくれてるだけだって。

 

普通に考えたら悪は私だけど、私の目線に立てば運転手さんが悪になる。

一般的には運転手さんが正義だけど、私の目線に立てば私が正義になる。

 

なんだかんだで、ようやく目的地。

 

ここら辺でお願いします、なんて言っても停める場所がない。

交差点付近だし、後ろにはたくさん車がいるし。

 

時間はギリギリ。

変な汗をかいてしまう。

 

無理矢理にでも停めてほしい。

でも言えない。

スピードは落としてくれているけど、停めるところがない。

ちょっとずつ降りたいところから離れていく。

 

さすがに時間がないから、とうとう言った。

ここで降ろしてください、と。

 

私がこのタクシーのうしろを運転していたら、きっと怒りに震えるだろう。

車内で罵詈雑言を吐き出すだろう。

こんなところでハザードを点けるかと。

こんな迷惑なところで停まるかと。

 

ごめんなさい、後続車たち。

ごめんなさい、運転手さん。

 

でも、もう時間がないんだ。

私の目線に立てば、私が正義だから。

逆の目線に立てば、それはもう私は悪の親玉。

 

やっぱり立場によって正義は変わるし、見方も変わる。

 

変わらないのは、時間に厳しいあの人の性格。

恐らく遅刻。

言い訳はどうしよう。

 

どうせならタクシーに乗ってるときに軽く事故ってくれたほうがよかった。

物損で。

それならあの人もきっと許してくれるだろう。

 

振り返るとタクシーはもう町中に消えていた。

もう少し早く家を出ていれば、この正義も悪もなかった。

 

あの人は怒っているだろう。

絶妙に迷惑な場所に停車したタクシーのうしろを走っていた運転手さんたちのように。

 

正義の見方、はどこに立つかで敵にも味方にもなる。