手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

先入観は決して悪ではないが信用しすぎると痛い目にあう。

f:id:touou:20190206195758j:plain

 

みんながカレーの話をするから。

もう完全に口がカレーモードに入ってしまった。

 

ココイチ美味いよね、なんて話をするから。

みんなそれぞれ好みがあるから。

 

ちなみに私はソーセージカレーにトッピングで納豆。

ココイチ好きなら、納豆トッピングに否定的な意見は少ない。

 

でもそうじゃない人もいる。

カレーに納豆?絶対に合わない、って。

 

その人の好みだからまあいいけど。

みんなに納豆トッピングしてほしいわけじゃないけど。

でもその人は、絶対、を無駄遣いしたなとは思う。

 

カレーと納豆。

確かに最初は私も否定的だった。

 

それを人は、先入観、と呼ぶ。

 

合うわけがない。

味が想像できない。

 

一度試してみればいい。

カレー嫌いか納豆嫌いな人以外は、試してみればいい。

 

先入観って怖いよ。

 

そんなことを思いながら家へと帰る。

我が家も今夜はカレーだといいな。

私の口は、もうカレーモードだから。

 

家に着くと夕食の準備がなされている。

いつもありがたい。

そう思いながらもキッチンへ寄ることはほとんどない。

しかし今日はわずかな可能性に賭けて寄ってみる。

 

トントントン、と包丁の音色が。

じゃがいも、にんじん、たまねぎ……。

まさか。

しかしこの切り方。

コンロに置かれた鍋の大きさ。

 

カレーだと確信した。

 

奇跡は起きるものだ。

そのままテンション高めで風呂場へと向かう。

 

先入観を持つな、と職場で上司に言われることがある。

私にはそれがどうしても不可解なのだ。

 

先入観を持たないなんて無理。

人は何かしら必ず先入観を持っている。

 

例えばこの風呂。

浴槽には水が張ってある。

これが冷水かお湯か。

風呂場に水が張ってあったら、大体はお湯だと思う。

しかも風呂場の中にある鏡が曇ってる。

これはお湯。

これは先入観。

 

お湯だと思ってからだにかける。

でも冷水の可能性だってもちろんある。

お湯だと思ってかけたら冷水だった。

考えただけで心臓が止まりそうになる。

 

これが冷水だと思ってからだにかけても同じ。

冷水だと思ってかけたらお湯だった。

考えただけで火傷しそうになる。

 

なにも考えずに浴槽に溜まった液体をからだにかける人は、きっといない。

だから一度浴槽の中に手を入れて温度を確認する。

これは先入観があるからとる行動なんだ。

 

人は何かしら大なり小なり先入観を持って生きている。

どんなことも。

 

だから先入観を持たないなんて、無理なんだ。

先入観は決して悪ではない。

 

そんなことより早くカレーが食べたい。

早めに帰宅したのは魂胆があったから。

もし夕食の準備をしていなかったら、カレーを食べに行こうと思ったから。

ココイチのソーセージカレー納豆トッピングを。

 

しかし、夕食の準備は行われていた。

しかし、まさかのカレーだった。

 

頭をからだを入念に洗い、いつもより長めに風呂に浸かる。

楽しみを伸ばせば伸ばすほど、訪れた瞬間の喜びが増す。

 

そろそろだと風呂から上がり、バスタオルで拭く。

カレーの匂いが広がっているはずだ。

 

しかし、カレーの匂いはしない。

まだルーを入れてないのかな。

もう少し時間がかかるのかな。

 

頭の中と口の中はすでにカレーモード。

でも先にビールを飲もう。

 

そう思い、冷蔵庫へ立ち寄る。

 

ん?

 

鍋はもう火にかかっている。

でもカレーの匂いはしない。

 

ゆっくりと鍋の中を覗き込んでみる。

 

……。

 

……。

 

……。

 

……シチューだ。

 

しかも、クリームシチュー。

 

匂いはおろか、色も違う。

 

シチューか…。

 

うん、嫌いじゃないよ。シチューも。

嫌いじゃないけど、私はカレーモードに覚醒中なんだ。

 

ビールを一気に飲み干す。

 

嫌いじゃないよ、シチューも。

 

やっぱり怖いね。

先入観って。