ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

あなたのためは自分のため。

f:id:touou:20190210202918j:plain

 

私のラーメンの食べ方が気に食わないらしい。

レンゲの中でミニラーメンを作る私の食べ方が。

 

あなたのために言ってるの。

と、あなたは私に言う。

 

あなたのために言ってるの。

そういう人を私は基本的に信用しない。

 

あなたのため、は、自分のため。

あなたが言ってるあなたはあなたのことでしょ。

 

本当に私のためを思うなら、もっと違うやり方があるはず。

もっと違う言い方があるはず。

だってあなたの言葉は私に響いてないから。

 

これはきっと私のわがまま。

でもあなたもわがまま。

 

はっきりと、自分のためだと言ってほしい。

そんなことすると一緒にいて恥ずかしいからやめてほしい、と。

そのほうが信用できる。

そのほうが響く。

 

こんな私、自分でも嫌だなと思う。

でも仕方がない。

どうせ説教されるなら、はっきり言ってもらいたい。

 

怒りの矛先が私に向かうのはしょうがない。

そんなときもあるでしょう。

だからそれを私のためだなんて恩着せがましくせずに、自分のためだと言ってほしい。

あなたのメリットのためにって言ってほしい。

 

そう言う人のほうが信用できる。

すべては自分のため。

それでいいんだ。

自分のために人を傷つけたり陥れたりするのは少し違うけど。

 

熱く語ってくれるのは嫌いじゃない。

でも私のためとか言われると冷めてしまう。

 

わがままだけど、熱いときは熱いままでいてほしい。

変に冷静にならないでほしい。

感情をぶつけてほしい。

無理矢理冷ますようなことはしないでほしい。

 

ラーメンが伸びちゃうよ。

熱いうちに食べたいよ。

 

ラーメンくらい好きに食べさせてよ。

冷める前に食べさせてよ。

 

熱いうちは本音で話そうよ。