ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

世の中良い人はそこそこいる。

f:id:touou:20190212213500j:plain

 

 

信号が青に変わる。

赤信号で止まっていた車が一斉に動き出す。

そして歩行者も。

 

左折しようとするがすぐそこに横断歩道があるので、歩行者がいなくなるまで待つ。

ウインカーの音が、カチカチカチ、と車の中に響く。

 

歩行者は途切れることなく横断歩道を渡っていく。

時々、自転車。

 

帰宅ラッシュ時だからか、歩行者の数は多い。

所々に歩行者の切れ目ができるが、無理に車を突っ込むほどではない。

焦っているわけでもないし。

そこは安全運転で。

 

もう少しで歩行者が途切れると思った、その時。

 

一番最後を歩いていた人が小走りになった。

 

一旦うしろを振り返っていたから、その人も自分が最後だと気づいたのだろう。

そして、私がずっと待っていたことも。

 

その人は小走りで渡り、しかもこちらに向かって軽く頭を下げた。

 

なんて良い人なのだろう。

なんてやさしい人なのだろう。

 

歩行者用の信号は、まだ青。

点滅すらしていない。

 

確かにその人が渡ったら私は車を進めようとした。

私のうしろには何台も車が止まっているし。

 

それでもその人は走る必要などない。

ゆっくり渡っても構わない。

その人にとっては当たり前の権利だから。

 

それなのにその人は小走りで渡った。

しかも軽く頭を下げて。

それは、すみません、ということなのか。

謝る必要などこれっぽっちもない。

あなたの真っ当は権利だから。

 

私も軽く頭を下げて返す。

その人は私のことなどもう見てはいなかった。

横断歩道を渡りきるとまたゆっくりと歩いていた。

 

歩行者用の信号は青く点滅しはじめる。

私はアクセルを踏み、車を進める。

 

バックミラーにもサイドミラーにも、もうその人はいない。

 

世の中良い人はいるもんだ。

 

そういう人を見るたび、私はどうなのかと自問自答する。

 

横断歩道を小走りで渡る人が良い人というわけではない。

その気遣いが良い人だという証なんだ。

 

店員にあたりがやさしい人。

挨拶がしっかりとできる人。

横断歩道を小走りする人。

 

見ているだけで惚れてしまいそう。

 

世の中良い人はいるもんだ。

 

世の中良い人は、そこそこいる。

良い人にはなれないかもしれないけど、その人たちを見逃さない人になりたいと願う。