物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

サングラスは色眼鏡ではなく色付き眼鏡。

f:id:touou:20190214211248j:plain

 

サングラスをかけていたら、かっこつけちゃって、と言われた。

 

サングラスをかけたらかっこつけてるという色眼鏡で見ないで。

いいじゃない。

サングラスくらいかけても。

かっこつけてるわけでも偉そうにしてるわけでもないから。

 

眩しいだけ。

 

そりゃ、サングラスは選ぶよ。

どんなものにしようかと迷うよ。

 

でもそれは服だったり髪型だったりインテリアだったり。

それらと同じこと。

好きなものを選びたいから。

 

おしゃれには無頓着な方だけど、何でもいいやとはまだならない。

 

サングラスくらいいいじゃない。

だって眩しいんだから。

 

変な色眼鏡で見ないでほしい。

あなたはサングラスをかけていないのに。

 

サングラスをかけていないあなたには世の中がどう見えてるの?

色眼鏡でばかり見ているあなたには世の中がどう映ってるの?

 

サングラスをかけないから、あなたは色眼鏡で見てしまう。

直視すると目がやられるから。

直視するといろんなところがやられるから。

 

世の中はあなたが思っている以上にカラフル。

いろんな色が存在してる。

いろんな色が混ざり合って、さらに新たな色が生まれてる。

 

サングラスをかけたら色がなくなっちゃう。

それでもサングラスをかけるときもある。

だって眩しいから。

 

かっこつけたっていいから、かっこつけてる。

自分の色を出すために、誰もがかっこつける必要がある。

他の色に埋もれないよう、かっこつける必要がある。

かっこつけることは悪いことじゃない。

 

だって世の中こんなに色があるんだから。

 

そんな色眼鏡で見なくても、世の中いろんな色がある。

そんな色眼鏡で見ていたら、どれも同じ色に見えちゃうよ。

 

かっこつけていようがいまいが、私はサングラスをかける。

 

だって世の中はこんなにカラフルだから。

だって世界はこんなに眩しいんだから。