ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

直感も大切だけどよく考えることも大切。

f:id:touou:20190218211249j:plain

 

 

私はいつもポケットがパンパン。

 

ビビりだから、あれもこれもと、ポケットに入れて出かけてしまう。

出かけた先では、あれも良いこれも良いと、直感でポケットに入れてしまう。

 

いつもポケットがパンパンでかっこ悪いから、小さなカバンを持つことにした。

これならポケットがパンパンにならずに済む。

 

そう思って、今まで以上に手当たり次第、気になったものを入れていく。

小さなカバンはすぐにパンパンになる。

 

だから、少し大きめのカバンを持つことにした。

これなら大丈夫。

今までよりも、どんどんどんどん、気になったものを入れていく。

気がつけばカバンはすぐにパンパン。

 

だから、もっと大きなカバンを持つことにした。

これならきっと大丈夫。

そう簡単にはいっぱいにならないはず。

カバンは大きいからと余裕をかます

気になるものは減らないから、カバンの中身は増える一方。

やっぱりすぐにカバンはパンパンになってしまう。

 

しかもカバンがとても大きいから、持ち歩くとすぐに疲れてしまう。

何か解決策はないかとカバンの中を確かめる。

カバンの中にはたくさんものが入っているのに、この問題を解決してくれるものは入っていない。

 

なんでもかんでも入れてしまう。

いつかこの先、使い道があるかもしれない、と。

いつかこの先、役に立つかもしれない、と。

 

いつかこの先、はいつになったらやってくるのだろう。

 

数だけ増やして安心したい私がいる。

カバンの中には何が入っているのか、把握していないくせに。

 

本当に使えるものは、少ししかない。

本当に大切なものは、そんなにない。

 

ものが増えすぎるとそれだけで疲れてしまう。

持ち歩くには重すぎる。

 

もっと身軽にならなくちゃ。

じゃないと、そのうち動けなくなってしまう。

 

どんなに良いカバンよりも、手ぶらで出かける勇気が欲しい。

 

本当に大切なものを見極める力が、欲しい。