物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

気になりはじめると止まらない。

f:id:touou:20190227202055j:plain

 

コツコツ、コツ。

後ろのほうから足音が聞こえてくる。

 

何度か振り返ってみるが、人が多すぎて誰の足音なのかわからない。

 

ここにはいろんな足音がありすぎる。

誰かが近づいては私を抜き去り、誰かが遠ざかっては消えていく。

 

コツコツ、コツ。

後ろのほうから足音が聞こえてくる。

 

何度か振り返ってみるが、誰の足音なのかわからない。

さっきより人が減ったように思えるけど、それでもまだまだ人はいる。

 

ここにはいろんな足音がありすぎる。

これだけ人がいるのに、知っている人はひとりもいない。

 

コツコツ、コツ。

後ろのほうから足音が聞こえてくる。

 

何度か振り返ってみるが、誰の足音なのかわからない。

こんなに人が減っているのに。

それでも確実に、私のほうに近づいている。

 

私が止まると足音も止まる。

私が進むと足音が聞こえてくる。

 

私は誰かに後をつけられている。

私は誰かに追われている。

 

急ぎ足で歩いても、ずっと足音が聞こえてくる。

時折遠くなったり、急に近づいてきたり。

 

その度、振り返るけど確認できない。

誰が私の後をつけているのか、確認できない。

 

コツコツ、コツ。

ほら、また足音が聞こえてくる。

 

気づかないフリをして歩いていく。

気にしていないフリをして歩いていく。

 

そうすれば油断するでしょ。

だから急に振り返る。

 

コツコツ、コツ。

もう後ろには誰もいなくなっているのに、足音だけが聞こえてくる。

 

そうか。そういうことか。

 

コツコツ、コツ。

怖がらなくていいんだ。

 

後をつけられているわけではない。

追われているわけではない。

 

遠ざかったり近づいたり。

 

ここにはいろんな足音があるから。

気づかなくたってしょうがない。

ここにはいろんな足音があるから。

気にしなくなってもしょうがない。

 

コツコツ、コツ。

確かに近づいてきている。

 

振り返ったってわかるはずもない。

 

怖がるどころか、待ち遠しい。

 

あともう少しで、春がやってくる。