手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

どこで咲いても花は花。

f:id:touou:20190301183635j:plain

 

道を歩いていたら、小さな花が咲いていた。

 

アスファルトのはしっこに白い花が。

 

ひび割れたアスファルトの隙間から、一輪の花が咲いていた。

 

私はこの小さく美しい花の名前を知らない。

 

アスファルトの隙間を縫うように咲いたのか。

アスファルトを突き破って咲いたのか。

 

私はこの小さく美しい花がどのようにして咲いたのか知らない。

 

なぜそこに種がまかれたのか。

風のいたずらか虫の勘違いか。

最近は一日中雨が降っている日なんてなかったのに。

昨日はなかったと思うけれど。

君はいつ咲いたのだろう。

 

私は君がどのような思いでいるのか知らない。

 

すごいことなんだ。

たったひとりでこんな場所で。

私だったら、とうに諦めていただろう。

 

素晴らしいことなんだ。

きっと私だけでなく、いろんな人が君に目をやるだろう。

君の名前を知らない人も知っている人も。

 

君もこんな場所で咲くとは思っていなかっただろう。

もっと仲間がいるところで。

もっと過ごしやすいところで。

もっといろんな人に見られるところで。

もっといろんな生き物と絡めるところで。

 

君がそこにいることを望んでいるのかいないのか、私は知らない。

 

けれども、ここに君がいることで私は出会えた。

私以外の人たちもそうだろう。

私たちは君がここにいることで、癒しと勇気を与えられた。

君から。

 

名前は知らないけれど、ありがとう。

 

君は教えてくれた。

どこで咲くか、よりも、何を咲かせるか、ということを。

 

名前も知らない君の花。

知らなくてもわかっていることはある。

 

君が咲かせた花はとても綺麗だということ。

 

どうしてそこで咲いたのか。

どんな経緯があったのか。

君は今どう思っているのか。

 

私は何も知らない。

 

君は綺麗に花を咲かせた。

求めていたものではないのかもしれないけど、君は見事に咲かせた。

 

花を咲かせたことを、誇りに思い、喜ぼう。

名前なんてただの記号だ。

 

君の本当の名前を知らなくても、私は君が美しいと知っている。