手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

寝て起きるはすべての基本。

f:id:touou:20190303204751j:plain

 

 

今日は何もなかったな、と思う日がある。

 

昼まで寝て、起きて飯食って。

もう一度寝て、起きたら陽が沈むころで。

風呂入ってだるいからだを温めて、また飯を食う。

テレビ観ながらビール飲んで、ハハッ、と笑ってみる。

そういえば今日はじめて声を発したな、なんて。

それから映画観て、本読んでいたらもう寝る時間。

今日はたくさん寝たからなかなか眠れないかな、と思っていたら、案外すぐに睡魔が襲ってくる。

 

「ああ、今日は何もなかったな」と、思う。

 

「ああ、今日は何もしなかったな」と、思う。

 

まぶたの重みを感じながら、思う。

 

それでも、いつか、今日という日を思い出す日がやってくるのだろう。

何で思い出すのかは、わからない。

そのときにならなければ、わからない。

 

人が何かを思い出すときって、何の脈絡もないこともあるから。

 

あんなに寝れて幸せだったな。

さすがに寝すぎたな。

あんなにグタグタしてもったいなかったな。

テレビ観てるときにはじめて声を出したな。

あのとき読んだ本はおもしろかったな。

あのとき観た映画は感動したな。

もう一度あんなに眠りたいな。

 

良いことだろうが、そうじゃなかろうが。

思い出さない日なんて、きっとないんだ。

 

何もない日なんてない。

 

何でもなかったようなことを今でも思い出す。

そのときは、思い出すなんて思っていなかったのに。

 

何もない日なんてない。

 

このまま目を閉じ、開けばまた明日がやってくる。

 

明日は何があって、何を思うのだろう。

 

目を閉じて開くだけですら、思い出す。

何もない日なんてないから。