手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

用法容量をお守りください。

f:id:touou:20190304194957j:plain

 

用法容量をお守りください。

 

言われなくてもわかってる。

言われてるから守ってる。

 

でも、それで何かあっても誰もが知らんぷり。

 

人はそれを、自己責任、と呼ぶ。

 

そんなことはわかってる。

悪いのは私だってわかってる。

 

言われたことを守ったのに。

言われたことだけやっているうちは一人前じゃない。

なんて言われたら、どうすればいいの。

 

言われたこと以上のことをやろうとしたのに。

余計なことをするな。

なんて言われたら、どうすればいいの。

 

私は言われたことを守っているだけなのに。

用法容量の幅がよくわからないよ。

 

タバコを吸ったら嫌な顔される。

ここは喫煙可なはずなのに。

灰皿あるでしょ。

ポイ捨てなんてしないし、歩きタバコもしないし、煙の行方も気にしてる。

マナーは守っているのに責められる。

 

お酒を飲んでもいいじゃない。

泥酔して迷惑かけているわけじゃないんだから。

からだに悪いって言われても。

少しだけ饒舌になるのがダメなのか。

そこまで酒癖悪くないはず。

 

法定速度守っているだけなのに。

そんなに煽らなくてもいいじゃない。

安全運転しているだけなのに、クラクションなんか鳴らさないで。

先に行きたければいつでも譲るから。

私はそこまで急いでない。

 

布団をちょっと蹴飛ばしただけじゃない。

最近少しずつ温かくなってきたから。

そもそも寝ていて無意識なんだから、私にはどうしようもない。

意識があるときは、しっかりと布団をかけているから。

 

用法容量の幅がわからない。

私はそこまで世界とズレていないと思っているのに。

 

用法容量の幅が狭すぎる。

少しはみ出すだけで、それ以上の何かが起こる。

 

用法容量をお守りください、って書いてあるから。

私は私なりにしっかりと守ってる。

でも私のことは誰も守ってくれない。

 

風邪をひいたのは私のせい。

誰のせいでもない。

でも私だって風邪をひきたくてひいたわけじゃない。

少々の風邪なら休むこともない。

しっかりといろんなことを守ってきたのに。

それでも風邪くらいひいてしまう。

それでも私が悪いというのなら。

 

風邪薬を手に取る。

用法容量をお守りください、って書いてあるから、しっかり守る。

 

すぐに風邪が治るわけじゃない。

もしかしたら気休めなのかもしれない。

それでも手放すことはできない。

ひとりで苦しんでいるとき、あなただけはそばにいてくれるから。

あなたはこんなにも、やさしさに包まれているのだから。

 

誰も私を守ってくれなくても、私はしっかりと守る。

私の中のルールを、しっかりと守る。

そうすれば、いつかきっと誰かが私を守ってくれるから。

 

こんな私をやさしく包んでくれる人が、いつかきっと現れるから。