物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

森を見て木を見ず。

f:id:touou:20190307214204j:plain

 

コンビニのレジに並んでいると、どこかから視線を感じた。

まわりを見渡すと、隣のレジに並んでいる人と目が合った。

 

その人は私と目が合うと会釈をしてきた。

愛想のよい人だな、と思って私も会釈を返す。

 

しかし、すぐに違和感を覚えた。

何かがどこかで引っかかっている。

 

どこかで見た顔だ。

 

会釈をしてくれた人とはどこかで会っている気がする。

もしくは、どこかで見た記憶がある。

 

私は頭の中をフル回転させる。

記憶という記憶を引っ張り出し、同じ顔を探す。

 

どこで見たのだろうか。

もしかしたら私が忘れているだけで、元々知り合いなのかもしれない。

 

名前はもちろん出てこない。

顔すら思い出せないんだから当たり前。

もう一度しっかり顔を見たいけど、あんまりジロジロ見るわけにもいかない。

 

チラチラ見ていて話しかけられても困る。

だってその人のことを思い出せていないのだから。

話すことになったら、私が思い出せていないことがバレてしまう。

 

私は平静を装ってレジに並ぶ。

それでも頭の中はフル回転。

それでもやっぱり思い出せない。

 

レジの順番がやってきた。

かごを出し、バーコードを読み取ってもらっている間も思い出そうとする。

 

もしこのまま思い出せずに、同時に店を出たらどうしよう。

思い出すことを半ば諦め、次の手を考える。

 

向こうのほうが会計を先にしていたので、私は時間稼ぎすることに決めた。

金額がレジに表示され、店員さんに値段を言われるまで財布を出さない。

小銭をゆっくり数えながら出す。

 

嗚呼申し訳ございません、店員さん。

嗚呼申し訳ございません、うしろに並んでいる方々。

 

私のせいでこんなにも多くの人に迷惑をかけてしまっている。

すべては私の記憶力のなさ。

そして私の汚い部分のせい。

 

横目でチラリと見ると、その人はもう会計を済ませて店から出て行くところだった。

私はおつりをもらうと、ゆっくりと財布の中に入れ、レジから離れた。

 

しかしまだ油断はできない。

もしかしたら、店の外で私を待っているかもしれない。

久しぶり、なんて声をかけられたらどうしよう。

頭の中と鼓動が再びフル回転しはじめる。

 

ゆっくりとまわりを見渡しながら店の外に出る。

その人は、いなかった。

厳密に言えば、その人はもう何十メートルと先を歩いていた。

こちらを振り返ることなく、歩いていた。

 

ほっとした。

しかしその人は私が行きたい方向に歩いていた。

私が帰る方向に歩いていた。

 

この距離を保ちながら私も歩く。

その人は随分と歩くのが遅い。

うつむき加減なところを見ると、きっとスマホでも見ているのだろう。

ダメだよ、歩きスマホ

特に今はダメだよ、歩きスマホ

 

なんて思いながら、まだ私はその人が誰なのか思い出そうとする。

危機のピークは過ぎたとは言え、まだ油断はならない。

ビニール袋を持って歩くとこんなに音がするのかと思うほど、音がする。

ビニール袋がこすれる音が。

からだから離し、少しでも音が出ないようにする。

 

その人は私と帰る道が一緒のようだ。

いつか角を曲がってくれると思いながら、まっすぐ進んでいく。

隠れる場所はない。

振り返られたら、おしまいだ。

 

記憶の引き出しをいくつ開けてもその人は出てこない。

学生時代まで遡っても、出てこない。

 

でも、確かに見覚えのある顔なのだ。

それだけは確か。

どこかで私とその人は繋がっている。

 

距離を保ち、音を潜めたまま、必死に思い出す。

どんどん時代が古くなる。

終いには、頭の中で私が子供のころまでタイプスリップしている。

 

その人はとうとう角を曲がった。

しかしその角は、私も曲がる角だった。

 

もしかして…。

私の中で恐ろしい仮設が浮かび上がる。

 

その人は私の家へと向かっているのではないか。

曲がった角から少し歩いたところに、私の住むマンションがある。

そこで私を待つつもりなのではないか。

 

まさか…。

そんなことがあるはずないと、私も角を曲がる。

 

その人は私の住むマンションの前まで歩いている。

もしかして…。

まさか…。

 

その人は私の住むマンションの中へと入った。

そして、とうとう私は思い出した。

 

その人が何者なのか。

その人と私はどこで繋がっていたのか。

 

 

 

 

 

その人は隣人だった。