ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

忘れ物を取りに行く。

f:id:touou:20190309192118j:plain

 

ありがとう、と言いたいときに限って、ごめんね、と言ってしまう。

 

どこまでも素直になれない。

あなたの気遣いがとてもうれしいのに。

どんなに小さくても気づくことができるのに。

気づかないフリをしてしまう。

当たり前だと思ってしまう。

 

ごめんね。

 

ありがとう、と言えばいいのに。

 

難しいことじゃないってわかってるのに、ありがとう、と言えないのは、それが難しいことだからかもしれない。

難しいからしょうがない、って逃げてるんだ。

いつも逃げてばかりで、捕まっても捕まったことを認めないんだ。

 

ごめんね。

 

難しくしてるのは私なのに。

さいころはあんなに簡単に言えたのに。

時が経つにつれ、難しくなってくる。

 

ありがとう、がどんどん重たくなってくるのかな。

ありがとう、がどんどん大きくなってくるのかな。

 

ひとりで生きている、なんて思わない。

誰かがこっちを見てくれるから。

誰かが話しかけてくれるから。

誰かが手を差し伸べてくれるから。

 

なのに、それをすぐに忘れてしまう。

 

ごめんね。

 

ごはんを食べられるのも。

寝ることができるのも。

笑うことができることも。

 

誰かのおかげなのに。

あなたのおかげなのに。

 

ありがとう。

 

ようやく言えたから次は君に、ありがとう、と言ってほしい。

君に、ありがとう、と言ってもらえるようにするから。

ありがとう、ばかり言うんじゃなくて。

ありがとう、と言ってもらえるようにする。

 

難易度はさらに上がる。

だって、どういたしまして、なんて久しく言ってないから。

 

ちゃんと言えるまで私に付き合ってほしい。

私がちゃんと、どういたしまして、と言えるか確かめてほしい。

 

ごめんね。

わがままで。

 

ありがとう。

これからもよろしく。