物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

何度かスルーしてようやく見つける。

f:id:touou:20190310212122j:plain

 

本屋に行って目的の本を探す。

なかなか見つからない。

それでも店員さんに聞いたり機械で探したりはしない。

自力で探す。

 

映画を観たくなったからレンタルショップへ行く。

なかなか見つからない。

「あ」から順番に並んでいるはずなのに、なぜか見つからない。

ジャンルも合っているはずなのに。

有名な映画だから、置いてないってことはないはずだ。

店員さんに聞くことはせず、自力で探す。

 

ホームセンターへ向かう。

広いな。

欲しい物はどのジャンルだろう。

いろんな看板が天井からぶら下げられている。

生活用品か雑貨かそれとも。

自力で探す。

 

間違い探しをやる。

難しい。

あとひとつ。

あとひとつがどうしてもわからない。

うしろのページに答えが載っていることは知っている。

自力で探す。

 

駐車場はどっちだ。

右か左か。

カーナビはすでに、目的地周辺です、と言って休んでいる。

自力で探す。

 

宝物を見つけに行く。

宝物なんて人それぞれ。

金銀財宝なんて隠されていない。

何に価値があるのか。

私にとって何が価値があるのか。

自力で探す。

 

夢を探しに行く。

あっちにするか、こっちにするか。

誰かはあっちにしろと言い、誰かはこっちにしろと言う。

どっちか迷うし、どっちも違う気がする。

とりあえず、で決めていいものなのかどうか。

今決めなくてはいけないのか。

すべて、自分で探す。

 

効率が悪い。

時間の無駄。

誰かに聞けばわかる。

 

そうかもしれない。

 

でも、そうじゃないものもある。

 

答えは調べればすぐに見つかる時代だけど、それが正解かどうかはわからない。

 

誰かには正解でも、自分には正解じゃないかもしれない。

自分には正解でも、誰かには正解じゃないかもしれない。

 

それすら、自分で探す。

 

見つけたものが求めていたものじゃなくても。

自分で探したことに価値がある。

 

効率が悪いかもしれない。

時間を無駄にしているかもしれない。

誰かに聞いた方がすぐに見つかる。

 

でも、そのぶん見つけたときの感動はデカい。

どんなにしょうもないことでも。

 

探しものはきっと見つかる。

探しものはいつだって近くにあるはずだから。

 

探しものはきっと見つかる。

探すのをやめなければ。

 

自分の力で見つけたら、もう忘れることも失くすことも、きっとない。