ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

履き違えたときは履き直せばいい。

f:id:touou:20190312220518j:plain

 

 

ジンクスなんていらない。

あっても邪魔なだけ。

増えれば増えるほど、どんどん窮屈になる。

 

だからなくした。

ジンクスなんてなくした。

 

でも、ひとつだけやってしまうことがある。

 

靴を右から履く。

 

これが、唯一の、ジンクス。

 

ジンクスというよりルーティーンに近い。

無意識に右から履いている。

 

それでも時折、左から履くこともある。

履いたときは気づいてないけれど、すぐに違和感を覚える。

何かが違う、と。

 

そんなときは決まって靴を両方脱いで、右から履き直す。

だって気持ち悪いから。

 

どうして右から履くようになったのか覚えていない。

靴下はどっちからでも大丈夫なのに。

パンツを履くときも大丈夫。

でも靴だけはダメ。

右からじゃないと、ダメ。

 

いつからこうなったのか。

きっと、右から履いたときに良いことがあったのだろう。

今となっては覚えていないレベルの、良いことが。

 

ジンクスなんてそんなもの。

誰かに言うわけでも、誰かに言われるわけでもない。

自分だけのルール。

掟。

 

何を守っているのだろう。

覚えてもいない良いこと?

人に自慢できるようなことなどなにもない自分の人生?

負けないため?

何に?

 

自分でもわかっていない。

でも、これをやらないと気持ちが悪い。

 

きっと怖いんだ。

今ある何かを失ってしまうことが。

 

それが何かは、わからないけど。

 

この時点でジンクスに依存している。

ジンクスに負けている。

そんなことに気づかずに。

 

 

 

ビルの屋上は風が強い。

少しでも気を抜くと落ちてしまいそうだ。

 

下を覗き込んでも、人の形を確認できない。

明かりに照らされた影が動いているだけ。

 

ずっと見ていると吸い込まれそう。

 

吸い込まれてもいいと思う。

風がもう少し強く吹いてくれれば、身を委ねることができるのに。

 

何を守っているのか。

それすらわかっていないのに、ジンクスを守り続けている。

 

一歩踏み出す勇気もないくせに。

 

覚えてもいない良いことなんかより、これから忘れることのない良いことを見つけにいけばいい。

 

ジンクスと、おさらば。

右から靴を履くジンクスとはお別れ。

 

ビルの屋上のフェンスを乗り越える。

揃えて置いてあった靴の前に立つ。

脱いだときは、もう履くことはないと思っていたのに。

風が強くなってきた。

冷えた足を浮かして靴を履く。

 

左から履く。

 

ジンクスと、おさらばできるのか。

このあと忘れることのない良いことに出会ったら、新たなジンクスが生まれてしまうのか。

 

左から履いたけど、覚えのない良いことのように、違和感を覚えない。

 

新たなジンクスが生まれたとしても。

きっともう、履き違えることはない。

 

階段をゆっくり降りていく。

いろんな影が動くところへ、足を踏み入れる。