ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

入口と出口は別々。

f:id:touou:20190317205720j:plain

居酒屋で知人と食事をする。

 

隣の座敷から声が聞こえる。

それぞれ個室になっているため、顔は見えない。

男性と女性の声。

声から察するに、若いカップルか。

 

男性はきっと社会人。

彼なりの仕事論を延々と話している。

 

そこまではっきりとは聞き取れないが、アウトプットがどうだとか、インプットがどうだとか言っている。

 

聞こえる声のほとんどは男性のもの。

女性の声は時折聞こえてくる相槌くらい。

 

あまり聞き耳を立てるのも良くないな、と思い、私は知人との会話に集中する。

 

しばらくすると、「生おかわり!」という声が聞こえてきた。

隣の座敷からだ。

さっきまでとは声量がまったく違う。

店内中に響いていそうな声量。

 

私も知人も思わず隣の座敷に目をやる。

仕切りがあるから見えないけど。

 

男性の会話はさっきと変わらず仕事に関することばかり。

でも毛色が違う。

上司がどうのだとか、先輩がどうのだとか。

俺は何も悪くないだとか。

 

熱い仕事論からただの愚痴へと変わっている。

 

「生おかわり!」

「生まだっ!?」

男性の声量はさらに上がる。

「おまえも飲めよ」

「もういらない」

「なんだよ、つまんねーな。生まだっ!?」

男性の声量に反比例するように、女性の声はほとんど聞かなくなった。

 

「飲めよ!俺がおごってやるんだから」

「ねえ、生まだっ!?」

「おっせーな」

男性は止まらない。

 

私と知人は目を合わせ、苦笑いするしかない。

 

しばらくそんなことが続いていると、隣は静かになった。

店を出たのだ。

                                                      

私も知人もほっとした表情を浮かべる。

そして少し時間を置いてから、私たちも会計をお願いした。

 

店を出ると、隣の駐車場で男性が座り込んでいる。

そのうしろでは女性が立ったまま、男性を見下ろしている。

 

きっと隣の座敷にいたふたりだろう。

顔は見ていないし、ふたりは会話をしていないから声もわからない。

でも、きっと、そうなのだろう。

 

男性は駐車場のすみっこで、ゲエゲエと嘔吐している。

女性は立ったまま、背中をさするでも声をかけるでもなく、ただ見ている。

 

アウトプットがどうだとか、インプットがどうだとか。

男性が熱く語っていた仕事論を思い出す。

 

愚痴を吐き出し、店員に悪態を吐き出し、さっきまで飲食していたものも吐き出す。

インプットしたものをアウトプットしている。

 

「私、もう帰るね」

吐き続ける男性を見下ろしたまま、女性は言う。

 

女性は男性を吐き出すように冷たい言葉と視線を残し、去って行く。

 

男性は、ちょっと待って、と言いかけて、また嘔吐した。