手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

現実逃避は小旅行。

f:id:touou:20190318201242j:plain

 

タイムマシンがあったらな。

ついついそんなことを思ってしまう。

 

タイムマシンがあったなら。

どんな形をしているのだろう。

どんな機械なのだろう。

どんな理屈で成り立っているのだろう。

 

そんなことを思いながら、いつだって私たちはタイムマシンに乗っている。

 

夕暮れ時はいつもタイムマシン。

雨降りはいつもタイムマシン。

休日の終わりが見えたらいつもタイムマシン。

寝すぎた日はいつもタイムマシン。

 

どれも未来に行くことはできない。

過去へ戻るばかりのタイムマシン。

 

頭の中で時空を超える。

一歩も動かず時空を超える。

 

小さな子供を見るとタイムマシン。

美味しいものを食べたらタイムマシン。

久しぶりに自転車に乗ったらタイムマシン。

久しぶりに逆上がりしたらタイムマシン。

 

いつだって私たちは過去へ戻れる。

あっという間に。

 

でも、未来にだってきっと行ける。

いつかの未来に行ったら、今この時を思い出そう。

 

いつだってやり直すことはできるから。

 

風邪をひいたらタイムマシン。

寝坊したらタイムマシン。

失敗したらタイムマシン。

怒られたらタイムマシン。

 

そんなときは未来へ行こう。

過去のことなど気にせず、前へ進む。

一歩踏み出せば、それはもう未来。

 

未来へは自分で歩いて行くから。

 

未来へ行っても、時々、タイムマシンに乗って過去へ行こう。

 

タイムマシンがあったなら。

私たちはいつだってタイムマシンに乗っている。

 

戻る場所は、ある。

戻る場所は、今いるここ。

戻る場所は、いつだって自分の中にある。

 

明日はどこへ旅立とうか。