手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

比較的比較しやすいタイプ。

f:id:touou:20190319211353j:plain

 

遊園地にある立て看板。

 

この看板より身長が低い子はこの乗り物に乗れませんよ、ってやつ。

 

悲しそうな顔した男の子が、看板の横に立っている。

現実を受け入れられないのだろう。

さっきダメだったのに、もう一度チャレンジしている。

 

さっきは何かが間違っていたのかもしれない。

さっきより身長が伸びているかもしれない。

少し離れて立て看板を見ると、自分と同じくらいの高さに見えたから。

 

よく見ると、男の子のかかとが少し浮いている。

 

それでも、やっぱり、ダメだった。

 

なかなかその場から離れようとしない男の子。

 

「また来よう」

「次来るときは大きくなってるからきっと乗れるよ」

両親が交互に男の子に話しかける。

男の子はとうとう泣き出した。

泣くほど悔しいのだろう。

そして、男の子は小さいながらも、もうわかっているんだ。

 

次またここに来る保証は何もないと。

今を逃したら、もう次はないかもしれない。

だから悔しいんだ。

 

どうして今はこれほどしか身長がないのか。

ここに来るのがあと1年遅かったら。

もしかしたら1か月かもしれない。

もしかしたら1日かもしれない。

どうして今日なんだ。

 

男の子が比べているのは、立て看板じゃない。

立て看板と身長を比べているけど、本当はそうじゃない。

 

少し未来の自分と比べているんだ。

 

男の子はもうわかっている。

悔しさの矛先は両親でも立て看板でもなく、自分に向いていることを。

 

涙を拭ききることができないまま、手をひかれて離れていく男の子。

 

私にもあんな頃がきっとあった。

 

私はもう誰かと背を比べることはない。

もう伸びないし。

背が高い人もいれば低い人もいる。

そこに大した価値はない。

それでも誰かと何かを比べてしまう。

安心したいのか絶望したいのか。

 

男の子はどこかへ行ってしまった。

誰かではなく、自分と背比べしていた男の子。

 

きっとまた男の子はここにやってくるだろう。

両親に連れられてやってくるのか。

それとも、大きくなって自分の力でやってくるのか。

 

背比べの相手はいつだって自分じゃないとダメなのに。

明日の自分。

昨日の自分。

 

どこかに何かの印をつけなくても、わかる。

 

なのに、私は、どこかに何かの印をつけてしまう。

 

安心したいのか絶望したいのか。