ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

傷ついたら癒せばいい。

f:id:touou:20190321215008j:plain

 

 

車をこすった。

右側のうしろ側。

内輪差。

車幅感覚がイマイチ。

いけると思ったのに。

 

どうしても最短距離のコースを選択してしまう。

ギリギリを攻めてしまう。

余裕がないせいなのか。

 

だから私はいつも傷だらけ。

生傷が絶えない。

 

机のあいだをすり抜けるように進んで太ももをぶつける。

伸びをして棚で手の甲をぶつける。

 

どこもかしこも、くねったところばかり。

真っ直ぐ見晴らしの良いところなんて、ほとんどない。

 

最短距離で行きたがるから。

寄り道したり道草食ったりなんてしない。

余裕も余白もゆとりも、なにもない。

 

いつだってギリギリを攻める。

 

そのせいでいつも傷だらけ。

生傷が絶えない。

 

こんなに見えているからだの輪郭ですら把握できていないのに。

見えない心の輪郭なんて把握できるはずもない。

 

ましてや、人の心の輪郭なんて。

 

いろんな物事との距離感が掴めずにいる。

近づきすぎて傷つき。

離れすぎては見失う。

 

いろいろ試行錯誤するけれど、ずっとうまくいかない。

 

そのせいでいつも傷だらけ。

生傷が絶えない。

 

車幅感覚がない。

うまくギリギリを通れたと思っても、内輪差でやられてしまう。

 

だからいつも傷だらけ。

距離感を掴めないまま。

距離を縮めすぎていろんなところを痛める。

距離をとりすぎていろんなものが見えなくなる。

 

生傷が絶えない。

やっと傷が治りかけたのに、すぐに新たな傷ができる。

 

だからといって、ずっと止まっているわけにはいかない。

 

止まったままだと、何も進まないから。

 

どれだけこすっても。

そのまま走るしかない。

 

なるべくこすらないように気をつけながら。

それでも、きっと、これからもこする。

 

見えない輪郭を想像しても、想像通りにはいかないから。

 

傷ついても大丈夫。

傷は癒えるから。

 

治りかけても新たな傷が。

その傷もまた癒す。

 

その繰り返し。

見えないものを見ようとしたって、しんどいだけだから。

それなら傷を癒すほうが、まだ楽。

 

車体は傷だらけ。

さっきつけた傷がどれなのか、わからないくらいに。