物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

しおりの使い方。

f:id:touou:20190326204227j:plain

 

 

続きは読みたいけれど。

 

あれもしなきゃ、これもしなきゃ。

そう思って読みかけのページにしおりを挟む。

 

早く続きが読みたい。

そう思っていたけれど。

 

気づけば、最後まで読み切っていない本が山積み。

また一冊増えてしまった。

 

読み切っていない本がたくさんあるのは知っているのに。

面白そうだと、あれもこれもと手を出してしまう。

 

読みかけの本は増える一方。

山は高くなる一方。

 

これではダメだと、読みかけの本を一冊手に取って開く。

しおりを挟んだページを開く。

 

この本はいつ読んだのだろう。

途中から読んだってわかりゃしない。

わかるけれど、わかりゃしない。

 

数ページ戻って、数ページ進んで、しおりを挟む。

休憩を挟む。

 

大きく息を吐き出して、はじめから読み直す。

読んでいくうちに記憶が蘇る。

中途半端に蘇る。

 

次第に集中してくる。

 

ふむふむ、となったところでタイプアップ。

 

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ。

 

世の中、誘惑が多すぎる。

世の中、やらなきゃいけないことが多すぎる。

 

いつだって、そう。

何だって、そう。

 

しおりがあるから安心してしまう。

しおりを挟んだことで安心してしまう。

 

またすぐに読める、と。

またすぐにやれる、と。

 

山積みの本のことはすっかり忘れて。

 

しおりはあくまで緊急手段。

いつになったら続きを読むのか。

 

挟んだしおりに埃が纏う。

 

今度こそは、と埃を払って気持ちを入れる。

この気持ちを忘れないように、と。

この気持ちにしおりを挟めたら、どんなにいいだろう。

 

しおりを挟んだことを忘れないように。

しおりを挟んだところからすぐに実行できるように。

 

どれも中途半端だから。

今度こそは、と思う気持ちも中途半端。

 

それでもそのたび思ってしまう。

今度こそは、と。

 

最後まで読み切る力を手に入れたい。

最後までやりきる意志を手に入れたい。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。