手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

距離感と思いやりは比例する。

f:id:touou:20190401221222j:plain

朝の通勤ラッシュ。

バス停には長い行列ができている。

 

並んでいる人たちは、スマホを見たり、新聞を読んだり、音楽を聴いたり、本を読んだり。

 

誰もが誰とも話していない。

 

これだけ人がいるのに、それぞれがそれぞれの時間を成している。

 

公共の場所だけど、バスがやって来るまでの時間を思い思いに過ごしている。

 

まるで、それぞれがひとりでいるように。

まるで、他に誰も存在していないかのように。

 

でも、そんなことは、きっとない。

 

ほら、見てごらん。

 

みんな、等間隔に並んでいる。

 

印なんてないのに。

近すぎず、離れすぎず。

 

近すぎると嫌な気持ちになるし。

離れすぎると無駄に行列が長くなる。

 

つかず離れず。

絶妙な距離を、誰もが保っている。

 

それぞれが思い思いに過ごしていながら。

ひとりでいるかのように振る舞いながら。

 

そこでは一言も会話が成立していない。

誰も喋っていないから。

 

知り合いはいないのだろう。

お互い見たことは何度もあるかもしれないけど。

挨拶くらいはするのかもしれないけど。

 

それぞれが思い思いに過ごしながら。

誰もが誰もに気を配っている。

 

自分のために。

そして、誰かのために。

 

ルールなんてどこにも書いていない。

ルールじゃなくて文化。

ルールじゃなくて思いやり。

 

良いも悪いも超えて、思いを配る。

 

もう少しでバスがやってくる。

 

誰も言葉を発していない。

 

静かな朝の時間。

 

バスが来ると同時に、若いカップルがやってきた。

 

ギリギリセーフ!

ふたりは楽しそうに笑いながら息を切らしている。

 

静かな朝の時間には程遠い。

でも、楽しそう。

 

いいね。

 

行列に並んでいた人たちは、黙ったままバスに乗り込む。

 

いいね。

 

ふたりはまだ楽しそう。

朝からテンションが高い。

ずっとふたりで話をしている。

 

いいね。

 

割り込みすることなく、最後尾に並んで話している。

 

前の人と適度な距離を保って。

 

ふたりだけの空間を成している。

 

いいね。

 

朝からくたびれている人には、眩しくて直視できない。