物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

鍵の数だけ守りたいものがある。

f:id:touou:20190409220628j:plain

 

 

貴一は鍵をたくさん持っている。

そして、肌身離さず持っている。

 

鍵の束をベルトループにつけて、ジャラジャラジャラジャラ。

 

貴一が歩けば、ジャラジャラジャラジャラ、音がする。

すれ違う人々は誰もが音のする方に視線をやり、誰もが貴一のうしろ姿を見送る。

 

こんなに鍵を持っていて、どれがどこの鍵かわかるの?

誰かが貴一に尋ねた。

 

正直言ってわからない。

だから時間がかかってしょうがないんだ。

貴一は笑いながら言った。

 

鍵に何か目印でもつければいいのに。

誰かが貴一に言った。

 

印をつけても、数がありすぎて何の印か覚えられないんだ。

貴一は悲しそうな声で言った。

 

鍵に何の鍵か書いてシールを貼ればいいんじゃない?

誰かが貴一に言った。

 

それじゃあ鍵の意味がなくなるでしょ。

貴一は怒った顔で言った。

 

どうしてそんなに鍵を持ってるの?

誰かが貴一に尋ねた。

 

鍵を閉めないと不安でしょうがないんだ。

世の中いろいろ物騒だから。

だから大切なものほど鍵の数が増える。

一つや二つじゃ物足りない。

五つも六つ、つけないと安心できない。

生きづらい世の中だよ、まったく。

貴一はどこか嬉しそうに言う。

 

わかったよ。

わかったから、早くここの鍵を開けてくれないか?

 

ちょっと待って。

もう少し待って。

ここの鍵がどの鍵か、一本一本カギを挿して確かめないといけないから。

 

貴一はジャラジャラジャラジャラ音をたてて、鍵を挿していく。

 

なかなか開かない。

鍵がぶつかる音だけが響く。

 

待ちくたびれた誰かが貴一に言った。

 

生きづらい世の中だよ、まったく。