ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

好き嫌いは表裏一体。

f:id:touou:20190410211858j:plain

 

渋滞は嫌い。

好きな人なんて、きっといない。

 

目の前に並べられたテールランプの列。

やっと消えたと思ってもすぐに点く。

点いたと思ったらなかなか消えない。

 

同じ景色ばかり見せられて、時間だけが過ぎていく。

 

テールランプの明かりに包まれている人達は、みんな同じことを思うはず。

いつまでここにいるのだろう、と。

そして、テールランプの列から抜け出した先人達はどんな気持ちなのだろう、と。

 

いつかはわからないけど。

いつかは訪れる。

テールランプの列から抜け出す瞬間。

 

近い未来を思い浮かべて、時間だけが過ぎていく。

 

渋滞は嫌い。

 

そして、渋滞にはまる自分も嫌い。

 

こうなることはわかっているのに。

この時間にここを通ればこうなることはわかっているのに。

 

この時間にここを通るしかない私。

何も自由はない。

他に選択肢はない。

わかっているくせに渋滞にはまる私には、そんなものはない。

 

いつだってその他大勢の中のひとり。

この渋滞の中にいるのと、同じ。

 

渋滞は嫌い。

でも、今はちょっと違う。

 

渋滞が嫌いじゃない。

渋滞にどれだけはまってもいい。

その他大勢の中にいてもいい。

 

早く帰らなくてもいい。

テールランプに包まれたままでいい。

時間だけが過ぎていってもいい。

 

今だけは。

 

あとどのくらいここにいられるのか。

近い未来を思い浮かべる。

 

思い浮かべたものよりも、ほんの少しでいい。

ほんの少しだけ、長くいさせてほしい。

 

運転するあなたの隣にいさせてほしい。

 

いつかはわからないけど。

いつかは訪れる。

テールランプの列から抜け出す瞬間。

 

それまでは、くだらない話をもう少しだけさせてほしい。

近い未来を思い浮かべながら、あなたと笑い合いたい。

 

必ずやってくる近い未来でも、あなたと笑っていたいから。

 

今だけ、私は、渋滞が好き。