手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

どこに行ってもそこそこ気になる。

f:id:touou:20190411213122j:plain

 

 

この扉の向こうは、どうなっているのだろう。

この扉の向こうには、どんな人がいるのだろう。

 

こんなに目の前にあるのに。

一歩踏み出せば届くのに。

 

私にはこの扉を開けることができない。

 

ただ見ているだけ。

開けたらどんな風になっているのか、想像するだけ。

 

それなのに。

私の前を通り過ぎて、何人もの人が簡単に扉を開けていく。

 

何の躊躇もなく、扉を開ける。

 

誰かが扉を開けたとき、私は身を乗り出す。

さりげなく。

まわりの目を気にしながら。

 

ほんの少しの隙間から見える扉の先は、何の変哲もない空間だった。

 

でも、きっと、何かがある。

その奥に広がる空間には、きっと何かがある。

 

それでも私はここから先に進むことができない。

こんなに目の前にあるのに。

手を伸ばせば届くのに。

 

私がこの扉を開ける方法は、ひとつだけ、ある。         

 

勝手に開けるのはご法度。

それ以外に、ひとつだけ、ある。

 

私はしばし考える。

 

扉を開けるためだけに。

扉の向こうを見たいという願望のためだけに。

その手を使っていいものか。

 

私はしばし考える。

 

その手を使うなら、それなりの覚悟が必要だ。

それじゃあ、と簡単な決断ではいけない。

 

私はしばし考える。

 

目の前の扉を見つめる。

扉にはこう書いてある。

 

「関係者以外立入禁止」

 

私はしばし考える。