物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

好きな洋服を着たいだけ。

f:id:touou:20190415221650j:plain

 

私は人形。

 

自分で好きな洋服を選ぶことができない。

自分の意思で動いてはいけない。

自分の力で動いてはいけない。

 

いつも洋服を着せられる。

私ではない誰かに。

 

着たくもない洋服を。

 

私にだって好みはある。

でも私には選べない。

 

私じゃない誰かが悩んで私に着せる。

ああでもない、こうでもない、って。

 

何十着と洋服を着せては脱がす。

何か違うよね…って。

 

私が選んだ訳じゃないから、私のせいにしないでよ。

 

行き交う人々は私の方を見ても、誰も私のことを見ない。

洋服ばかり。

 

私の方に手を差し出しても、誰も私には触れない。

洋服ばかり。

 

良いことも悪いことも、私のことには触れないくせに私のことのように言う。

 

誰も私のことなんて覚えていない。

私に洋服を着せる誰かだって、覚えていない。

 

私は自分の意思で動けない。

私は自分の力で動けない。

 

そんなことは許されない。

 

いつも誰かの意思で動いている。

いつも誰かの力で動いている。

 

それを納得している訳じゃない。

それを喜んでいる訳じゃない。

 

大きな箱の中で動いている。

ガラスの向こうに行くことはできない。

 

だから、せめて。

かわいい、と言ってほしい。

 

思ってなくても、口に出してほしい。

 

私もあなたも変わらない。

 

箱の中か外かの違い。

ガラスの向こうかこちらかの違い。

 

ただそれだけ。

 

誰も私のことなんて見ていないから。