ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

行くも戻るもいつも自由。

f:id:touou:20190417215759j:plain

 

分かれ道に出た。

 

右は平坦な道。

左は急な上り坂。

 

どっちを選ぼう。

どっちに行きたいのか。

 

上り坂は疲れそうだから平坦な道を選ぶ。

 

しばらく歩く。

平坦な道を。

何もない。

所々にきれいな花が咲いているだけ。

たくさんの人をすれ違うだけ。

 

上り坂は疲れそうだと思っていたけど、平坦な道でも歩けば結局疲れる。

 

一旦、休んで考える。

時間だけが過ぎる。

そして決めた。

上り坂の方へ行こうと。

 

このまま進むか、戻るか。

 

ここまで来たから、このまま進む。

また道が分かれるから。

 

分かれ道に出た。

今度は上り坂を選ぶ。

 

上っても上っても、まだ坂が続く。

急な勾配。

下から見るよりも、さらに長く急な上り坂。

 

疲れる。

しんどい。

人にはあまり会わないけれど、景色はとても素晴らしく綺麗な花がたくさん咲いている。

 

また分かれ道に出た。

 

右は平坦、左は上り坂。

 

さっきまでの上り坂で疲れているから、平坦な道を選ぶ。

 

何もない。

やっぱり何もない。

歩けば疲れる。

 

何もないけど、たまにきれいな花が咲いている。

いろんな人とすれ違い、いろんな会話をした。

 

平坦な道も悪くない。

 

次に分かれ道が出てきたら、どっちを選ぼう。

 

まっすぐ行くか、坂を上るか。

どっちを選んでもいい。

違うと思えば、また道を選び直せばいいから。

 

戻ってもいい。

無駄な体力なんかじゃない。

 

どっちにしようか立ち止まって悩み続けるよりかは、いい。

ずっと立っていたら日が暮れて、夜になって、また明日にしようって後回しにしちゃうから。

 

暗くなる前に選ぶ。

暗くなる前に行けるところまで行く。

 

平坦な道だろうが、急な上り坂だろうが。

 

道はどこまでも続くから。

道はつながっているから。

 

暗くなるまで歩き続ける。

暗くなったら、ゆっくり休めばいい。