手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

青い春でも夜は真っ暗。

f:id:touou:20190418225455j:plain

 

コウヘイはからだを揺らし、心を揺らし、電車に乗った。

 

あの人のところへ行こう。

そう決めて。

 

電車の扉が閉まる直前に電車に乗った。

 

コウヘイは椅子に座って、背もたれに全体重を預ける。

 

からだが揺れる。

心が揺れる。

 

車窓は真っ暗。

いくつも流れる小さな明かりとコウヘイの顔が映っている。

 

不安な気持ちでいっぱいなのに、にやけている顔が映る。

コウヘイは自分でも、気持ち悪いな、と思った。

 

定期的に訪れる振動に身を委ねて、コウヘイの視線は宙ぶらりん。

真っ暗な車窓に流れる小さな明かり。

コウヘイは本当に浮いているように感じた。

 

行き先は決まっているし、わかっている。

あと何駅なのかも、あと何分なのかも。

 

わかっているのに。

わかっているからなのか。

 

コウヘイの鼓動はどんどん高鳴る。

あの人に近づいているのを肌で感じる。

不安が募るのに、にやける。

 

不思議な感覚。

今まで味わったことのない感情。

 

行き先はあの人のところ。

あの人に会ったら何て言おう。

 

電車にはコウヘイ以外にも、けっこう人がいる。

みんな座ることができる程だけど、コウヘイが思っていた以上に人がいる。

 

帰る場所へ行くのか。

行く場所へ行くのか。

 

コウヘイは目玉だけを動かし、まわりを見渡す。

 

同じ考えの人はどれくらいいるのか。

不安が募りながらも、にやついている人は。

似た境遇の人を見つけたら、少しは安心できるから。

 

あの人のところへ行ったら何て言おう。

 

君に会いたかったから、と。

君と一緒に居たかったから、と。

 

あの人に会って、そのとき思ったことを正直に言おうとコウヘイは決めている。

 

不安は募る。

あの人に連絡はしていないから。

 

許してくれるかな。

 

許してくれなくても、仕方がない。

 

だって、最終電車で来ちゃったから。

タクシーで帰るには、距離がありすぎる。

 

あの人は何て言うのだろう。

 

コウヘイの不安は尽きない。

からだも心も揺れる。

少しずつ、確実に、あの人へ近づいている。

 

コウヘイの不安は蓄積される。

鼓動は高鳴る一方。

それでも車窓に映るコウヘイの顔はにやけている。

 

やっぱり気持ち悪い。

コウヘイは車窓から目を逸らし、ポケットからスマホを取り出した。