手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

重ね重ね重ねていく。

f:id:touou:20190420195905j:plain

 

消し去りたい過去に限って消えない。

 

鮮やかな配色で彩られ、どこの部分も細かく丁寧に描かれている。

 

消しゴムでは消せない。

えんぴつで描かれているわけじゃないから。

 

消し去りたい過去は、絵の具で描かれている。

 

すっかり乾いて固まって、削り取ることもできない。

こんなにすっかり固まっているなんて。

 

そりゃ、消し去ることなんてできないわけだ。

そりゃ、忘れることなんてできないわけだ。

 

何年も前に描かれたものも。

ついさっき描かれたものも。

どっちもすぐに乾いて固まる。

だから、消し去ることも削ることも忘れることもできない。

 

どうせ何もできないのなら、せめて薄まってほしいと願う。

せめて見づらくなってほしいと願う。

 

それでも、鮮やかな配色はすぐに目に留まる。

無駄に丁寧に仕上げられた細部はすぐに浮き上がってくる。

こだわった構図が頭から離れない。

 

消し去りたいのに。

忘れたいのに。

 

だから私は新たな筆を手に取る。

パレットにいろんな色を絞り出す。

 

今ここにはない新たな色を探す。

いろんな色を混ぜて、作り出す。

 

それを筆につけて新たな絵を描く。

 

消えないのなら、削れないのなら、忘れられないのなら。

上から新たな絵を描く。

 

あのころより、私の色使いもタッチも構図も変わっているはず。

 

あのころ知らなかった色を私は知っているはず。

 

重ねて塗ったら立体感が出て、なんだか良い感じ。

 

見たことのない色ができて、見たことのない絵が出来上がった。

 

消し去りたかった絵は、新たな絵となった。

新たな解釈ができるほどに。

 

これなら少しは観ていられる。