手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

まだ見ぬ知らぬ人事は数多。

f:id:touou:20190422202323j:plain

 ギターひとつだけ抱えてどこかへ行きたい。

 

素敵なメロディーが浮かんできて、それを口ずさむ。

 

見たことのない景色と人に囲まれ、知らない私が生まれてくる。

まだどこにも存在しない。

生まれたての私と歌を。

 

これから育んでいく。

大切に、大切に、育んでいく。

 

メロディーが鳴るのと同時に、新たなメロディーが続いていく。

ギターで奏で、口笛を乗せて、誰かの心に響くメロディーを重ねていく。

 

見たもの。

口にしたもの。

嗅いだもの。

聞こえたもの。

 

嬉しいこと。

哀しいこと。

怒れること。

 

すべてをメロディーに乗せていく。

 

ギターひとつだけ抱えて。

いろんなところへ行きたい。

見知らぬ土地とまだ見ぬあの人を探しに。

 

ほら。

あなたといれば、風が吹いただけでメロディーが生まれる。

 

 

 

なんて力は私にはない。

残念ながら。

 

メロディーなんて、どこかで聴いたことのあるものしか思い浮かばない。

 

それでも、まだ見ぬあの人を探している。

 

どこにも行けないけど。

遠くへはなかなか行けないけど。

 

また見ぬあなたを探している。

 

メロディーは全然浮かんでこないけど。

言葉はちゃんと浮かんでくる。

 

「ありがとう」と「ごめんね」。

まだ見ぬあなたには、きちんとこの言葉を伝えよう。

 

ギターなんて弾けないけど。

どこかで聴いたことのあるメロディーに、どこかで聞いたことのある言葉を乗せてあなたに届ける。

それは、きっと、唯一無二のものになる。

 

新たなメロディーは生まれないけど。

新たな私は生まれているはず。

 

ギターなんて弾けないけど。

「愛してる」をきちんとあなたに届けたいから。