物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

荷ほどきの後の片づけは大変。

f:id:touou:20190424210022j:plain

 

目の前にトラックがいる。

大きなコンテナを乗せて。

厳重に鍵が掛けられている。

 

何が入っているの?

 

きらりと光る荷台に目を向けて細める。

 

誰のところへ行くの?

所々くたびれた荷台に口をほころばせる。

 

またトラックがやってきた。

さっきのトラックより少し小さい。

むき出しの荷台はすでに空っぽ。

 

どこへ持って行ったのか。

誰に届けたのか。

 

私には関係ないようで、回りまわって関係あるのかもしれない。

 

錆びついた荷台には何を乗せていたのだろうか。

 

もう一台車がやってきた。

真っ黒な軽自動車のバン。

ガラスもナンバープレートも真っ黒。

 

ガラスの向こうの後部座席には荷物がいっぱい。

パンパンに詰め込まれている。

うしろが見えない程に。

 

あなたは歩道の端を歩く。

私はあなたの後ろ姿を見つめる。

 

誰のために。

私のために。

 

 

あなたは何を抱えているの?

どんな荷物を持っているの?

 

私は知りたいのに。

あなたが何を抱えているのか。

 

あなたは自分から言わないから。

聞いても言わないから。

 

散りばめられたヒントを辿っても、中身は見えない。

推測や想像をすることはできるけど。

それが正解なのかどうなのかは、わからないまま。

 

荷物をほどいて開けてみないとわからない。

 

ねえ。

 

その荷物は誰に届けるの?

何が入っているの?

 

私のため?

それとも。

 

早く荷物をほどいて見せてみて。

 

何が入っていても驚かないから。

 

ひとりで抱え込まないで。

少しは手伝えるから。

 

荷物を降ろすのも、ほどくのも。

少しは私も手伝えるから。

 

荷ほどきした後の片づけは大変。

でも大丈夫。

 

それも私が手伝うから。