物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

新たな季節が来るたび服が増える。

f:id:touou:20190429210708j:plain

毎日服を選ぶのが面倒くさい。

 

なのに、服は増えていく一方。

流行という名の圧力に負けて。

おしゃれという魔物に喰われて。

 

本当は興味ないくせに。

私は見栄を張る

 

誰のためにやっているのか。

 

きっと誰かのため。

私のためでは決してない。

 

だって私のためなら、こんなに苦しむ必要はない。

だって私のためなら、こんなに服が増えるわけがない。

選択肢が増えて、余計に面倒くさいだけだから。

 

本当は毎日同じ服を着たい。

お気に入りの服だけを。

 

お気に入りなんて、そうそう見つからないから。

 

そうしたら、いろいろ迷わなくてすむ。

 

でも、そういうわけにもいかない。

 

誰かのために、毎日服を着替えなくちゃ。

私のためではなく。

 

服を選ぶのが面倒くさい。

本当に好きな人なら楽しいのだろう。

服があればあるほど、楽しいのだろう。

 

でも私はそうじゃない。

本当は同じ服を着ていたいから。

私のためなら、毎日同じ服を着ていたい。

それならどれほど楽か。

 

私がそれを受け入れられたら、どれほど楽か。

 

服は増える一方。

誰かに見せるため。

誰かに会うため。

 

ああ、面倒くさい。

服を選ぶのも、着替えるのも。

 

そんなこと誰にも言えない。

 

そこに、私のため、なんて存在しない。

 

外に出るだけでこんなに気を遣うなんて。

外面ばかり気にして。

 

誰にも会っていないときの本当の私は、いつも同じ服を着ているのに。

 

ああ、また新しい季節がやってくる。

毎年、毎年。

季節は同じなのに、違う季節がやってくる。

 

また新しい服が増える。

 

誰かのための新しい服が、また増える。