物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

何に迷ったのかはわからない。

f:id:touou:20190503213807j:plain

 

「迷子のお知らせを致します」

 

ピンポンパンポン、というチャイムのあとに女性の声でアナウンスが聞こえてきた。

 

スピーカーから流れる放送には誰も興味を示さない。

ここにはこんなにたくさんの人がいるのに。

数え切れないほどの人で混雑しているのに。

 

その中で、カナコだけは放送に耳を傾けた。

 

多くの人が行き交う中、カナコは立ち止まって放送を聞く。

 

立ち止まったカナコに対して、何人もが舌打ちをし、明らかに邪魔だと視線を送り、暴言を吐く者もいた。

 

それでもカナコは集中するために、立ち止まって放送を聞く。

 

「黒いTシャツにジーパンを履いた、サトウタカシ様…」

カナコは邪魔になっているとわかっていながら、もう一度繰り返されるアナウンスに集中するため目を閉じて聞く。

 

「黒いTシャツにジーパンを履いた、サトウタカシ様…」

間違いない!

カナコは迷子センターへと向かった。

 

いろんな人にぶつかるたび、すみません、と声をかけながら、ダッシュで向かった。

 

どこ行ってたのよ…。

カナコは涙ぐみながら、ひとり呟く。

 

サトウタカシ。

珍しい名前ではない。

 

黒いTシャツにジーパン。

珍しい恰好ではない。

 

それでもカナコは確信していた。

きっと、タカシ、だと。

 

ずっと探していたのに、見つけられなかった。

どれだけ呼んでも返事がなかった。

タカシにようやく会える。

 

カナコは一秒でも早く会いたいと、必死に走った。

 

迷子センターに着くころには、カナコの息は絶え絶え。

それでもカナコはあたりを見渡す。

 

タカシはどこ?

 

ハアハア、と息を吐きながら、カナコはようやく見つけた。

 

タカシだ。

 

間違いない。

 

カナコは走ってタカシの元へと行く。

 

「もう、どこに行ってたの?」

カナコはタカシを抱きしめる。

 

「ごめん…」

タカシは小さく言う。

 

「心配したんだから!」

カナコはさらに強く抱きしめる。

 

「ちょっと自分探しに行ったら迷子になっちゃって…」

タカシは頬を人差し指で掻く。

 

迎えが来たことをまだ知らない係員は、さらにアナウンスを続ける。

 

「黒いTシャツにジーパンを履いた、サトウタカシ様、25歳を迷子センターにてお預かりしております。心当たりのある方は、至急、迷子センターまでお願い致します」

 

カナコは抱きしめるのをやめて、タカシの顔を見る。

「どこまで行ってたの?」

 

「まあ、いろいろ…」

 

「何か見つかったの?」

 

「よくわからないんだ」

 

「でしょうね。前と何も変わってないもの」

 

タカシは頭を掻いて笑い、カナコはもう一度タカシを抱きしめた。