手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

ミリ単位の世界。

f:id:touou:20190506213112j:plain

 

ほんの少し。

ミリ単位。

 

たったそれだけの違いで、誰もが一喜一憂。

 

ほんの少しの違いが、大きな違いとなる。

 

そのままでもいいし、変えてもいい。

どうにでもできるし、どうにもならない。

 

小さな問題だけど、大きな問題。

 

もう少しだけ大きくしたいけど。

もう少しだけ小さくしたいけど。

もう少しだけああなりたいけど。

 

誰かと同じじゃ、きっとつまらない。

そんなことはわかっている。

 

それでも、あれがいい、これがいい、となってしまう。

 

小さなことだけど、大きなこと。

 

このままでもきっといいのだろうけど。

時を重ねれば、今とは変わってくるから。

 

あの人のような顔になりたい。

 

ここがもう少しこう。

理想を言えばきりがない。

 

あの人のような顔になりたい。

でも求めるのは、まったく同じなわけじゃない。

 

ほんの少しだけ近づきたい。

 

まったく同じじゃ、誰が誰だかわからなくなるから。

 

1ミリでも2ミリでも。

ほんの少しでいいから。

 

望むものはとても小さく、とても大きい。

 

同じじゃなくていいから。

同じだと嫌だから。

 

近づきたいけれど、同じじゃない。

どこまで近づきたいのか、自分でもよくわかっていない。

 

ほんの少しだけ。

今より、ほんの少しだけ。

 

近すぎないように、離れすぎないように。

 

そこの気持ちもミリ単位。

ちょっとの違いが大きな違い。

 

ほんの数ミリなのに。

ほんの数ミリだから。

 

ミリ単位の世界で私たちは生きている。

 

だからなかなかぴったり合わない。

 

だからなかなか納得できない。

 

私たちが生きているのは、そんな世界。