手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

枯れ木に花を咲かせましょう。

f:id:touou:20190509213903j:plain

枯れ木に花を咲かせましょう。

 

そう思っても。

 

何の知識もないから。

水をあげるくらいしかできない。

 

それだけじゃ、きっと花は咲かない。

 

もっといろんなものが必要。

だからいろいろ調べないと。

 

この枯れ木が何の木なのか知らない。

どんな花を咲かせるのか知らない。

花を咲かせる木なのか知らない。

 

私は何も知らない。

だけどここからがスタート。

 

枯れ木に花を咲かせるために。

 

水だけあげればいいってことじゃない。

そんな簡単な話ではない。

 

勝手に花咲くわけじゃない。

 

勝手に咲いていると思うのは、何も知らない証拠。

 

死に花を咲かせている。

そこに意味はきっとない。

 

花を咲かせることに意味はない。

 

ただ、必死に生きているだけ。

生きているから、花を咲かせる。

 

水だけあればいいってことじゃない。

もっといろんなものが必要。

 

生きるためには、いろいろ調べなくちゃ。

花を咲かせるためには、いろいろ知っていなくちゃ。

 

そこに意味はない。

花を咲かせることに意味はない。

必死に生きることに意味はない。

 

あるのは、花を咲かせたい、という願いだけ。

 

意味なんか求めたら、つまんない。

ただ花を咲かせるために、必死に生きる。

 

すぐに意味など求めずに。

 

どんな形でもいい。

どんな色でもいい。

小さくても大きくても。

すぐに枯れてもいい。

 

枯れ木に花を咲かせましょう。

 

そこらに咲いている花はどれも愛おしい。

勝手に咲いているんじゃなく、必死に咲いている。

 

それを知れば、さらに愛おしくなる。

 

私もあなたも。

枯れ木に花を咲かせましょう。