手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

何を見るか、ではなく、どこから見るか。

f:id:touou:20190510221805j:plain

 

立ってばかりじゃ見えないものがある。

 

座っていても見えないものがある。

 

ジャンプしたら見えるかも。

でも一瞬しか見ることができない。

 

汚いとか気にしないで。

洋服が汚れることなんてほんの些細なこと。

洗濯すれば済む話。

 

寝そべってみればいい。

 

景色が変わる。

見え方が変わる。

 

寝そべってみれば、見えるものがある。

仰向けでも、うつ伏せでも構わない。

 

でも見えていたものは見えなくなる。

 

すべて見ようとするなんて、おこがましい。

どこもかしこも見ることなんて、できやしない。

ほんの少しの先でさえ、見ることはできない。

 

立ってダメなら。

座ってダメなら。

ジャンプは少しだし。

 

寝そべってみればいい。

這いつくばってみればいい。

 

這いつくばっても進むことはできるから。

少しずつだけど。

 

洋服が汚れることなんて気にしない。

周りも目も気にしない。

 

視点を変える。

なんて、大袈裟なものじゃない。

 

でも一度試してみればいい。

 

暖かい日は最高に気持ちいい。

 

暑い日と寒い日は気をつけて。

 

一度試してみればいい。

 

視点を変える。

なんて、大袈裟なものじゃない。

 

ただの気分転換だから。