物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

甘ければ甘いほど素敵。

f:id:touou:20190514205459j:plain

 

甘いものが好き。

 

甘いものばかり食べて、とよく言われる。

それでもやめられない。

 

心が癒されるから。

まわりに何と言われようとも、甘いものには癒される。

 

そんなに甘いものばかり食べているから、甘っちょろいことばかり言うんだ。

誰かにそう言われた。

 

それでもいいじゃない。

甘いことも言えないなんて辛すぎるから。

 

人に甘えすぎ。

誰かにそう言われた。

 

それでもいいじゃない。

人の好意には甘える。

 

私の好意に甘えてくれたらうれしいから。

私も甘い気持ちになれるから。

だから私は人の好意に甘える。

 

世の中そんなに甘くない。

誰かにそう言われた。

 

確かにそうかもしれない。

でも全部じゃない。

全部が甘くないわけじゃない。

甘いところもきっとたくさんある。

 

甘い言葉に甘い態度。

 

いつから甘いものは嫌われるようになったのか。

 

みんな昔は好きだったはずなのに。

今だって本当は甘いものが好きなはずなのに。

 

我慢せずに好きだと認めればいい。

 

甘いものはダメ、という考えに浸されすぎて。

みんなこんなに疲れてばかり。

 

疲れたときこそ甘いもの。

心が癒される。

からだも癒される。

 

甘さ控えめ、なんて中途半端はいらない。

 

世の中甘くたっていいじゃない。

甘いとダメな理由なんてどこにもない。

 

人に甘えて、甘えられて。

 

誰だって甘いものは好き。

 

だから私は甘い言葉をささやくの。