手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

帰巣本能が働くとき。

f:id:touou:20190515202717j:plain

 

日が暮れてきた。

最近はすっかり日が暮れるのが遅くなって、もうこんな時間。

 

お腹が空いた。

朝も昼もしっかり食べたのに。

町を歩けば、あちこちから素敵な匂いが漂ってくる。

嗚呼、余計にお腹が空いてくる。

 

傷がしみる。

いろいろ傷ついた。

今日だけで。

見える傷も、見えない傷も。

ちゃんと癒さなくては。

ほんのり冷たい風が、傷にしみる。

 

寂しさが募る。

こんなに人も明かりもあるのに。

橙の空がすぐに消えるように。

何もかもが嘘のよう。

 

家に帰ろう。

 

家じゃなくてもいい。

帰ろう。

 

帰る場所は決まっている。

帰る場所はわかっている。

 

暗くなったから。

お腹が空いたから。

 

誰もいなくたって。

おかえり、と言われなくたって。

自分で言えばいい。

ただいま、と返せばいい。

 

傷を癒しに。

寂しさを埋めに。

 

嘘のようなところよりかは、幾分かマシ。

自分が一番、自分でいられるところへ。

 

帰る場所は探さなくても大丈夫。

 

帰巣本能が働くから。

 

帰る場所はいつだって自分の中にある。