手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

隠れ家的な、という大人の香り。

f:id:touou:20190518201229j:plain

 

久しぶりに会ったヒロキとケンゴ。

居酒屋のテーブルで向き合う。

 

「本当に久しぶりだな」

「もう、何年になる?」

「楽しかったな、あの頃は」

「そうだな」

 

何年ぶりかに会うのに、ふたりの距離感はあの頃のまま。

 

いつもふたりで一緒にいた、あの頃の話で盛り上がる。

 

「こうやってふたりで仕事終わりに酒飲むなんてな」

「お互い、歳取ったな」

「確かに。お前なんて、結婚もしたし」

 

ヒロキはケンゴの左手の薬指で光る指輪に目をやる。

 

「結婚はいいぞ。お前も早くしろよ」

「俺はまだいいよ。結婚している自分が想像できない」

 

ふたりで昔話に花を咲かせ、今話をつまみに酒を飲む。

笑顔が絶えることはない。

 

「あー、飲んだな」

「もう一軒行くか。明日は休みだろ?」

「ああ」

 

居酒屋を出ても町はまだ騒がしい。

 

「俺、いいところ知ってるんだ。とっておきのところ」

ケンゴは赤く染まった頬を緩める。

 

「かっこいいな、お前。大人の男って感じ」

ヒロキは顔じゅうが赤い。

 

「なんだ、それ」

「とっておき、って。隠れ家的なところってこと?」

「ああ。俺しか知らない、お前のために用意したところ」

ケンゴは胸を張る。

 

ふたりはネオンから遠ざかるように、暗闇へと歩いて行く。

 

「ここ」

ケンゴは一軒の家を指差す。

 

「ここ?普通の家じゃん」

ヒロキはあたりを見渡す。

このあたりは住宅街。ひとつのネオンもなく、町はすっかり眠っている。

 

「言っただろ、隠れ家的なところだって」

「それにしても…」

「まあ、心配するな」

ケンゴはポケットに手を突っ込む。

 

「そんなところ知ってるなんて、すごいな。大人だな」

ヒロキは小さく笑う。

 

ガチャガチャ。

ケンゴはポケットから鍵を取り出し、ドアを開ける。

 

「ただいま。さあ、上がれよ」

ドアを開けたケンゴは、ヒロキを手招きする。

 

「ここの飯は、世界で一番美味いんだ」

ケンゴは笑う。

 

奥から、いらっしゃい、と女性の声がする。

 

「お久しぶりです。結婚式に来てくれた時以来ですね」

 

ヒロキは、お久しぶりです、と頭を下げる。

横ではケンゴが笑っている。

 

大人になったな、とヒロキはケンゴを見て笑った。