ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

一度も負けられない戦い。

 

f:id:touou:20190522210118j:plain

 

シノブには誰にも言えないことがある。

 

どんなに仲の良い友人にも家族にも。

 

誰かと言わない約束をしたわけではない。

シノブが自分で決めたことだ。

 

ぼくはヒーロー。

 

シノブはそう思って、いつも戦っている。

 

殴りたい。

蹴りたい。

壊したい。

罵りたい。

犯したい。

跪かせたい。

滅したい。

 

ありとあらゆる悪と、日々戦っている。

 

戦いはいつもギリギリ。

それでもシノブは勝っている。

傷をいくつも負いながら、まだシノブは負け知らず。

 

シノブは誰にもそのことを誰にも言わない。

誰にも言えない。

 

ヒーローだから。

 

それはきっと特別なことではないと、シノブは思っている。

誰もが必死に戦っていることを、シノブは知っている。

 

シノブはヒーロー。

 

誰かを守るため。

自分を守るため。

 

世界はきちんときれいに回らなくては。

まわりの平和を保つため。

 

シノブはいつだって戦っている。

 

シノブの中の悪と戦っている。

 

シノブはヒーロー。

 

いつだって悪に勝っている。

いつだって、ギリギリで。

 

ヒーローが負けるわけにはいかないから。