手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

此処と其処の境目。

f:id:touou:20190523200701j:plain

 

ここは日向。

お日様の恵みにからだポカポカ。

 

そこは日陰。

風が少しだけひんやりからだを通り抜ける。

 

一歩踏み出すだけで、日向と日陰を行ったり来たり。

長袖シャツをまくったり、おろしたり。

 

日向でおでこにかいた汗は、日陰で風が吹き抜けるたびに乾いていく。

日陰でほんのり湿ったからだは、日向のお日様のおかげで乾いていく。

 

日向が続いたと思えば日陰が続く。

 

同じところを通っても、日向と日陰のバランスは時間と共に変わっていく。

 

暑いもひんやりも自由自在。

 

今立っている此処と、一歩先の其処。

今しか味わえない贅沢。

 

日向の此処と、日陰の其処。

足を片方ずつ踏み入れる。

 

 

 

私は今、季節の変わり目に立っている。