手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

2択がいちばん迷いがち。

f:id:touou:20190528212944j:plain

 

世の中に2択はいろいろある。

 

好きなものは最初に食べるか最後に食べるか。

 

ありがちな2択。

言われがちな2択。

なぜ、その2択?

 

最初か最後にしか食べられない状況になんて、ほとんど出会わないのに。

 

まあ、いいか。

じゃあ、好きなものがエビフライだとしよう。

 

大きなエビフライが2尾入っている、エビフライ弁当。

 

最初に好きなものを食べる人は、ここでエビフライにいく。

2尾入っているから誰でもそう、なんてことは言わないで。

 

お腹が空いているから、いつも以上に美味しく感じる。

 

これが好きなものを最初に食べる派の主な主張。

ただでさえ美味しくて好きなのに、お腹が空いているからなおさら。

 

あとはバランス良く食べていく。

 

弁当の中身は減る。

減ったお腹は満たされていく。

 

あともう少しで完食。

 

残るはごはん少々とエビフライ1尾。

 

エビフライ食べて、ごはん食べて。

ごはん食べて、エビフライ食べて。

 

最後はエビフライで完食。

弁当は空っぽになっても大好きなエビフライの余韻を楽しむ。

 

これが最後に食べる派の主な主張。

終わり良ければ総て良し。

満たされた欲望をさらに楽しむ。

 

ごちそうさまでした。

 

美味しかった。

 

そろそろ結論を言おう。

好きなものを最初に食べるか最後に食べるか。

 

やはり、どっちでもいい。

 

エビフライが入っている数にもよるし。

ごはんとのバランスもあるし。

 

お腹が空いていれば、好きなものじゃなくても大抵は美味しい。

お腹が満たされれば、好きなものじゃなくても大抵は満足。

 

どっちかしか選べないから、きっと迷うんだ。

 

ありがちな2択。

どうでもいい2択。

 

世の中そんなもの、いくらでもある。

 

2択に狭められた方が、なぜか迷う。

 

ありがちな2択。

どうでもいい2択。

 

エビフライの尻尾は食べる派?食べない派?