ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

線の内側にお入りください。

f:id:touou:20190604203710j:plain

 

線の内側にお入りください。

アナウンスが流れる。

 

こっちから向こうはダメ。

電車がやってきて危ないから。

 

誰かが決めた線がある。

 

超えたら罰が下る。

 

線の内側にお入りください。

アナウンスが流れる。

 

こっちから向こうはダメ。

一歩たりとも超えてはダメ。

許可なく超えてはダメ。

 

誰かが決めた線がある。

 

みんなそれを守っている。

勝手に超えたら国際問題。

 

勝手に超えたら罰が下る。

 

線の内側にお入りください。

アナウンスが流れる。

 

ここから向こうに行ってはダメ。

 

無意識の中で自分に言い聞かせる。

誰かではなく、自分が決めた線。

 

何があるかわからないから。

悲しいことが待っているかもしれないから。

 

見たことも行ったこともないけれど。

 

一線を越えたらダメ。

 

あの人のところへ行ってはダメ。

 

誰かが言っている。

私も言っている。

 

一線を越えたらダメ。

 

あっちへ行ったらダメ。

 

誰かが言っている。

私も同意する。

 

悲しいことが待っているから。

 

誰も私も、この線の向こう側を知らないのに。

 

行っても罰は下らないのに。

 

線の内側にお入りください。

 

みんなが聞いているアナウンスに、私も従う。

 

時折聞こえるアナウンスの声の主。

それは知らない人だったり、私だったり。