手のひらブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

ノロイのヨロイのウレイ。

f:id:touou:20190606205926j:plain

 

タカマサは宝箱を見つけた。

 

ずっと探していた。

苦労して、やっと。

 

宝箱の中には、鎧が入っていた。

 

鎧の横に説明書が入っている。

ノロイのヨロイ。

この鎧の名前。

 

この鎧を身につけると、傷を負わなくなる。

この鎧を一度身につけると、脱ぎ捨てるには相当苦労する。

 

説明書にはそう書かれてある。

 

タカマサは躊躇することなく、ノロイのヨロイを身につけた。

 

これでもう大丈夫。

もうこれ以上、傷つかずに済む。

 

これまでたくさん傷ついてきた。

傷はいつか癒える、なんて言うけれど。

 

その傷が癒えたとしても、すぐに新たな傷を負う。

その傷が癒える前に、新たな傷を負う。

 

その繰り返し。

 

いつだって満身創痍。

 

でも、これでもう大丈夫。

 

新たな傷を負う心配はない。

ノロイのヨロイを身につければ、もう、どんな傷も負うことはない。

 

タカマサはひとり喜ぶ。

タカマサはひとり傷が癒えるのを待つ。

 

時間と共に、これまでに負った傷が癒えていく。

 

タカマサは喜ぶ。

ひとりで喜ぶ。

ひとりでしか喜べない。

 

ノロイのヨロイを身につけたら。

新たな傷を負うことはない。

 

なぜなら。

 

傷を負う可能性がある所へは行かなくなるから。

傷を負う可能性が少しでもある行動はしなくなるから。

 

傷を負わない理由。

ノロイのヨロイの正体。

 

タカマサはひとりぼっち。

 

他の誰かと関わると、傷を負う可能性があるから。

ノロイのヨロイの力で、誰とも触れ合うことなく時間が過ぎる。

 

タカマサは部屋でひとり傷を癒す。

これまで受けた傷はすっかり癒えた。

新たな傷を負うことは、もうない。

 

タカマサはノロイのヨロイを脱ごうとする。

寂しさに耐え切れなくなって。

 

しかし、なかなか脱ぐことができない。

 

ノロイのヨロイを一度身につけると、脱ぎ捨てるには相当苦労する。

説明書に書いてあった一文を思い出す。

 

どれだけ力を入れても、ノロイのヨロイを脱ぎ捨てることができない。

これまでに受けた傷を癒すには、もう十分すぎる時間が過ぎているのに。

 

後悔しても、もう遅い。

 

ノロイのヨロイを身につけたタカマサ。

 

傷ひとつ負うことのないヨロイを手に入れた代償として。

傷ひとつ負うことなく、ひとり傷ついている。