物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

大きくても小さくても花火の原理は変わらない。

f:id:touou:20190618213238j:plain

 

もうすぐ花火大会。

あちこちでそんな声が聞こえてくる。

無視するわけにもいかない。

 

「もうすぐ花火大会だね」

キコはソファに座ってスマホをいじるハルマに言う。

 

「ああ、そうなんだ」

ハルマは指を止めることなく答える。

 

キコはわかっている。

ハルマには花火大会に行く気がないことを。

そして、ふたりで行けるはずもないことを。

 

キコは何も言わずに、ただ流れるテレビの画面を眺める。

 

「行きたいの?」

ハルマは指を止め、キコの顔を覗き込む。

 

「別に」

キコは視線を合わせることなく言う。

 

「ごめんな」

ハルマはソファに沈み込む。

 

「別にいいよ。ただ、みんなが言っていたから私も言ってみただけだから」

キコはハルマに口づけする。

 

「今日は早く帰らなくていいの?」

キコはハルマのスマホに目を落とす。

 

「ああ、少しくらいなら大丈夫。ちょっとコンビニ行ってくるわ。何かいる?」

「いらない」

 

ハルマはスマホを持って出て行った。

 

キコは知っている。

 

ハルマは、きっと、家に連絡していることを。

ハルマの家族が待っている家へ。

 

知っているけど、言わない。

知っているけど、知らないふり。

 

それはキコ自身が決めた、キコのルール。

 

キコのスマホが鳴る。

画面はハルマを表示している。

 

「どうしたの?」

「ちょっと前の公園まで来て」

「なんで?」

「いいから」

キコはゆっくり立ち上がり、公園へと向かう。

 

「あんまりいいのなかったけど…」

公園で立っているハルマの下に、小さな花火セットが置いてある。

 

「どうしたの、これ?」

「花火大会には行けないけど」

ハルマは笑う。

キコも少しだけ笑う。

 

キコは細い線香花火を手に取る。

なかなかうまく火がつかないけれど、何度かチャレンジするとようやくついた。

 

「きれいだね」

ハルマが言う。

 

キコはなにも言わず、花火を見つめる。

 

小さな火花が飛んでいる。

あちこちに小さな火花がついたり消えたり。

 

ハルマは大きな花火に火をつける。

「けっこうきれいだな」

なんて言ってはしゃいでいる。

 

キコは花火を見つめる。

火種が落ちるまで、あちこちに飛ぶ火花を、じっと見つめた。