ひびろぐ

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

寄り道がメインストリート。

f:id:touou:20190619202801j:plain

 

朝起きたときには、あんなに今日は頑張ろうって思っていたのに。

 

仕事に行って帰るころには、もうそんな気力がなくなっている。

体力的なものなのか、精神的なものなのか。

 

なくなってはいないけれど、だいぶ減っている。

 

でも、少しだけ残っているから。

早く帰って、やることやって、頑張ろう。

 

今、決心したばかりなのに。

どうして本屋に寄ってしまうのだろう。

 

ちょっとだけ、と思いながら。

本屋の中でいろんな世界を旅してしまう。

 

タイムマシンに乗ったように。

乗ったことはないけれど。

きっと、こんな感じなのだろう。

 

いろんなところをぐるぐる回って戻ってくる。

 

ようやく戻ってきた、と思ったら。

美味しそうなごはん屋の前を通る。

 

そこには、いい匂い、しかない。

間違いなく、美味しい。

自分の勘が、そう言っている。

 

おなかは空いている。

 

どうせ帰ったらごはんを食べるのだから、ここで食べても同じ。

匂いの道を歩くように、ごはん屋へと入る。

 

おなかいっぱい。

やっぱり美味しかった。

 

自分の勘の良さを自分で褒めてあげたい。

 

さあ、帰ろう。

明日も仕事。                      

駅へと向かう。

 

なのに。

 

どうして駅の隣に映画館があるんだ。

しかも、ずっと観たかった映画が上映されている。

時間もちょうどいい。

 

今日は勘が冴えている。

その勘が言っている。

この映画はおもしろい、と。

 

そんなことを考えながら。

自然と足は駅とは反対方向へ。

 

やっぱり今日は勘が冴えている。

 

嗚呼、でも、もうこんな時間。

映画館を出たら、もう真っ暗。

映画館より暗くなっている。

 

電車に乗って家へと帰る。

 

あんなに誓ったのに。

朝も、さっきも、誓ったのに。

 

何を誓ったのか。

誰に誓ったのか。

 

それは自分だけが知っている。

 

だからじゃないけど。

せめてもの言い訳として。

お気に入りの小説を読む。

 

嗚呼、おもしろい。

 

これで明日は、頑張れそうだ。

 

これで明日も、頑張れそうだ。