物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

自動販売機がある本当の理由。

f:id:touou:20190624203038j:plain

 

誰にだって誰とも話したくないときはある。

 

誰にだって誰とも会いたくないときはある。

 

私はひとりしかいないのに、他にはこんなにたくさん人がいるんだから。

 

誰とも話したくないのに。

誰とも会いたくないのに。

 

喉は乾く。

 

生きていれば、喉が渇く。

 

悔しいけれど、仕方がない。

 

部屋にはなにもない。

誰にも会いたくない気分のときは、飲み物を作る気分になんてなれないから。

 

コンビニにもスーパーにも行きたくない。

誰かと接しないといけないから。

 

自動販売機を探す。

 

誰とも話さず、飲み物を買える。

誰にも会わず、乾いた喉が潤う。

 

私の欲望をふたつ同時に満たしてくれる、魔法の箱。

 

なんて便利な時代に生まれたのだろう。

 

暗く沈んだ町を歩く。

灯は数えるほど。

音も数えるほど。

 

どれだけ歩いたのか。

魔法の箱は、なかなか見つからない。

 

あっちにあるのは知っているけれど、あっちには人影が見えた。

そっちにあるのは知っているけれど、そっちから音が聞こえた。

 

誰にも会わないように。

どれだけ歩いたのか。

喉が余計に乾く。

 

いつもなら、そこらじゅうにあるのに。

こういうときに限って見つからない。

こんな便利な時代なのに。

 

財布片手に歩き回る。

暗くて静かな町を歩き回る。

 

いつもこんなだったらいいな、と頭の片隅で思う。

そんな都合の良い世界なんて、と頭の反対側で思う。

 

あっちに行きたいけれど、あっちには人がいる。

そっちに行きたいけれど、そっちから音がする。

 

思い通りにはいかない。

そんなことはわかっている。

 

自動販売機がなかなか見つからない。

 

そんなに都合良くない。

そんなことはわかっている。

 

でも明日になれば、きっと大丈夫。

 

だから今だけは自動販売機を必死に探す。

 

まわりに誰もいないことを確認して、ひとりごとを呟きながら。