物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

肩身が狭くなりすぎて見えなくなる。

f:id:touou:20190701212058j:plain

 

「こちらをご覧下さい」

ガイドが手を差し出した先には、透明の大きな箱があった。

 

その中には、ひとりの男が寝ている。

 

箱の中は外からはっきりと見える。

どこにでもありそうな、普通の部屋だ。

そこにひとりの男が、布団の上で寝ている。

 

ただ、この箱は、多くの人によって取り囲まれている。

 

「お静かに願います」

ガイドは言い慣れすぎて無機質になった声で言う。

 

男は熟睡しているようだ。

いびきをかいて、何度も寝返りをうつ。

 

群がった人々は、ただそれを静かに見つめる。

 

中には「起きろ!」と声を荒げる者もいたが、すぐに係員によって強制的に連れ去られた。

 

「静かにして下さい」

「エサを与えないで下さい」

「ガラスに触れないで下さい」

「刺激を与えないで下さい」

と書かれた看板がいくつも立っている。

 

男はずっと寝ていてなにも起こらないのだが、誰も立ち去る者はいない。

ルールを破った者だけが、係員によって強制的に排除されるだけだ。

 

どのくらい時間が経ったのか。

ついに男が目を覚ました。

 

「おぉー」という歓声が上がる。

すぐに「しぃー」という声も。

 

男は目をこすりながら布団から起き上がる。

そしてすぐに枕元に置いてあったタバコに火を点けた。

 

「おぉー!」と一番の歓声が上がる。

 

このときばかりは、係員も動くことなくただ見つめる。

 

男はタバコを吸い終わると、すぐに新たなタバコを取り出して火を点ける。

 

「おぉー」

ふたたび歓声が上がる。

 

箱の中は白煙が充満してきた。

徐々に男の姿が見づらくなってくる。

 

「おぉー」という歓声は白煙に比例するように大きくなる。

男はさらにもう一本、タバコに火を点けた。

 

箱の中は白い煙でいっぱいになった。

 

「これが人類最後の喫煙者です。この煙は毒ですので、決して箱には近づかないで下さい」

ガイドは無機質な声のまま言う。

 

「尚、この喫煙ショーは特別な許可を国から得ています。タバコは違法となっておりますので、決して真似しないようお願い致します」

ガイドは最後のところだけ少し強調するように言う。

 

「以上をもちまして、人類最後の喫煙者観覧タイムを終了させて頂きます」

ガイドは作った笑顔で作ったお辞儀をして去る。

 

箱が動きはじめる。

トラックの荷台に載せられた箱が。

 

人々は拍手喝采

中には涙する者さえいた。

 

新たな看板が立てられる。

次に開催される場所と日時が書かれた看板だ。

 

そこにいた人々は誰もが満足そうに、それぞれの家路に着いた。

 

箱の中の男は、煙が充満する箱の中でさらにもう一本タバコに火を点ける。

時々吐き出しそうになりながら、それでもタバコを吸い続けた。