物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

夜がさみしいのに深い理由はない。

f:id:touou:20190702211526j:plain

 

夜はさみしいから、今夜私の部屋に来てよ。

君は僕にそんなことを言う。

 

深い意味はないよ。

君は続けて言う。

 

そうだよね。

僕は笑いながら言う。

 

滅多に感情を露わにしない君がそんなことを言うなんて、よっぽどのことがあったのだろう。

 

夜はさみしい。

 

それは僕も同じ気持ち。

 

どうしてさみしいのか。

君と僕とでは理由は違うだろうけど。

 

何時に行けばいいのか。

このまま向かっていいのか。

 

どうせなら。

なにも期待なんかしていないけど。

少し準備する時間が欲しい。

 

なにも持って行くものなんてないけど。

心の準備をする時間が欲しい。

 

深い意味はない。

 

持って行くものはあった。

手ぶらで行くのもなんだから。

 

酒を持って行こう。

君は酒が好きだから。

たくさん酒を買って行こう。

 

深い意味はない。

 

単に君が酒好きだから。

 

さみしいのなら話をしよう。

さみしさを紛らわせるように。

 

深い話なんてしなくていい。

どうでもいい話をしよう。

酒を飲みながら、くだらない話をして笑おう。

 

君の部屋に入った途端、緊張が増した。

君の部屋に行くまでも緊張してたけど、比にならない。

 

酒でも飲まなきゃ落ち着かない。

 

どうでもいい話をつまみに、酒を飲む。

 

君は僕より酒が強いから。

なにも気にせず酒を飲む。

 

深い意味はない。

 

緊張のせいか、いつもよりピッチが速い。

緊張のせいか、いつもより酔えない。

 

いつもならとっくに酔っ払うくらい飲んだのに。

今日に限ってまったく酔えない。

 

気づけば君は眠ってしまった。

 

寝息を立てる君はかわいい。

くだらない話をしていたせいか、君の寝顔は笑っているようだ。

 

眠ってしまえば、もうさみしくなんてないだろう。

 

寝ている君を見てホッとしたのか、少しずつ酔いが回ってきた。

 

このままここにいるのも変だから。

家に帰ることにするよ。

 

外は静かに沈んでいる。

外は深く沈んでいる。

 

気持ち悪くなってきた。

眠たくなってきた。

歩くのがしんどい。

 

振り返っても、君の部屋の明かりは消えたまま。

 

勝手に世界が回っていく。

やっぱり夜はさみしい。

 

そこに深い意味は、ない。