物語ブログ【ひびろぐ】

いつだって私たちの手のひらには物語がある。

泣けるだけが感動ではない。

f:id:touou:20190705205547j:plain

 

リミは道に迷った。

 

おつかい途中で道に迷った。

 

手元にある地図は汗でにじんで見えなくなった。

 

目頭が熱くなってくる。

右も左もわからない。

知っている人は誰もいない。

見たことのない景色だけが広がる。

 

リミは泣くわけにはいかないと、全身に力を入れる。

 

知らない人ばかりだけど、まわりにはこんなに人がいるから。

 

リミは瞬きしながら思う。

どうしてこんなにたくさん人がいるのに。

どうしてこんなにひとりぼっちだと感じるのか。

 

手に持った地図をくしゃくしゃに丸めて、投げ捨てる。

 

どうせ、ざっくりとした地図だから。

なんとなくゴールが書かれただけの、行き方なんてまったくわからない地図だから。

 

リミはあたりを見渡す。

 

止まっていても進まない。

泣いていても変わらない。

 

立ち止まって泣くのは、本当にひとりぼっちになってからすればいい。

 

リミは自他ともに認める人見知り。

それでも、勇気を出してまわりの人に声をかける。

 

ゴールに向かうため。

欲しいものを手に入れるため。

 

欲しいものは頭の中でしっかり覚えている。

 

メモなんてなくても、覚えている。

 

ゴールはまだまだ先。

なにも見えない。

 

誰が正解を知っているのか。

誰がヒントをくれるのか。

そんなことは誰も知らない。

 

リミのはじめてのおつかい。

リミの人生最大のおつかい。

 

欲しいものは、目に見えないもの。

 

はじめては誰にだってある。

誰にだってはじめては試行錯誤。

 

リミは止まることなく、歩いていく。

欲しいものを手に入れるため。